タイトル画像

オメガスピードマスター 2カウンターモデル│オールブルーの追憶

世界を席巻するタイムピース、そしてオメガを代表するハイエンドシリーズのスピードマスター。その中でも特異な2カウンターモデルをご紹介します。

オメガはご存じの通り世界でも指折りの精密機械式時計ブランドであり、また部品の設計・製造から腕時計の組立・保守などの全てを自社で賄うことができる、世界でも数少ないマニュファクチュールと呼ばれる技術集団です。

今回取り上げたモデルはブルーのキャンバスにホワイトだけで描かれた思い切り振り切ったカラーリングです。しかも経年で程よく色褪せたかのようなクラシックブルーが古き良き時代への郷愁を感じさせてくれます。
最先端技術とレトロな風合いの奇跡の融合をぜひお楽しみください。

 

 

初見で抱いたイメージは悠然と浮上するクジラの姿

このモデルを最も端的に表す表現をと尋ねられたらそれは間違いなく「その存在感」と答えるべきでしょう。
ただでさえメンズウォッチの中でも大き目のケース径44.25mmなのに、ダイヤルもべゼルも同色で統一されているので実寸よりもひと回りは大きく感じられます。

使われているブルーは純色ではなく濁色なので直線的なとがった感じではなく含みや遊びを持たせたような奥行きのある色調です。だからこそ懐が深く悠然とした印象を放つのでしょう。

スピードマスターのデザインの大部分は過去のモデルを踏襲した定番的なものがほとんどです。遠くからでもそれだと認識できるほどのデザインの認知度もさすがですね。

 

 

古いものにしか出せない歳月の厚みをクラシックブルーで表現

光を程よく優しく反射するラッカー仕上げのブルーはスピードマスターシリーズとしては非常に珍しく、古くても大切に手入れされているアンティークのように安心感や威厳が感じられます。
またクラシックカーのようにどことなく懐かしく思わず触れてみたい衝動にかられるのは私だけではないはずです。

雰囲気を盛り上げているのは小さめにまとめられたシンプルな2つのサブダイヤルと6時位置の余白の中にサラッと数字が置かれているようなデイトの効果です。
デイトを表示する窓はクラシックブルーの中にチラッとブラックが覗く感じが数字を引き立てていてとても美しいですよね。

2つのサブダイヤルのサイズが比較的小さくまた6時位置に余白があること、そしてリューズから2つのサブダイヤルを結ぶ横のラインが強調されながらブレスレットの縦のラインと直角に交差していることで、更にダイヤルの平面の広がりが強調されています。

 

 

オメガの特許技術が詰まった驚異的な水準のムーブメント

精密で高性能な機械式腕時計の大敵は水分と摩耗と帯磁です。

性能や耐久性だけを追求するのならばケースバックは一体の金属で囲ってしまった方が良いのですが、金属とガラスの接合面を正確に合わせ硬度の高いクリスタルガラスを使い帯磁しづらいシリコンゼンマイなどの部品を使うことでそれらのリスクをクリア。
そうしてオメガ自慢のムーブメントの躍動をガラス越しに眺めて楽しむことができるようになりました。
時計職人たちの技術がエンターテイメントへと昇華した瞬間です。

規則正しく動作を制御するためにある通常は2つのアンクルの爪を3つに増やし精度の向上と摩耗の低下を同時に叶えメンテナンス周期を2倍にまで伸ばしました。
さらに香箱(動力ゼンマイ)を2つ並べて60時間もの長時間駆動を実現。しかも裏方であるはずのムーブメントの部品の表面仕上げにまでこだわりが行き届き美しさもご覧の通りです。

オメガのムーブメントは帯磁性能が圧倒的に強く、地球上で最も磁力が高いとされる研究機関の機器の側で使用しても精度に影響を及ぼさないほどのレベルに到達しています。

 

 

コードネーム:チタン&チタン 外殻は鉄壁の未来素材

チタン合金の驚くべき特徴とは

・強く軽量で耐食性が高く経年変化もない
・軽さは鉄の約半分で強さは鋼と同等程度
・酸化被膜は海水に対して非常に強い
・溶接や研磨や切断などの熱処理にも強い
・無毒で生体への影響もほとんどない

まさに腕時計の理想の素材ですね。このモデルは加工がしやすいグレード5チタンを採用。ブレスレットは表面加工のテイストを使い分けて表情に変化を付けました。

 

 

息の長い定番モデルだからこそ その良さは語り尽くせない

オススメ理由を分かりやすく3つに厳選

・息の長いデザイン
2色(ブルーとホワイト)の組み合わせに飽きがくることはありません。ビビッドなトレンドカラーとは真逆の落ち着いたクラシックブルーです。

・実用品として高性能
世界最高品質と聞いて皆さまはどうお感じですか?この世界最高品質という肩書はオメガにとっては当然でありスピードマスターを語るうえでは必然なのです。

・着け心地(チタン合金)
腕時計の判断基準に快適さを求める比率は高くなりました。その中でも特に軽さと生体適合性は重要とされています。

伝統があり有名なシリーズの安定感は満たしつつも、他と同じ定番デザインではなくシンプルな個性を意識した鮮烈なオールブルーのモデルに惹かれた方にとっては、このモデルこそベストセレクトではないでしょうか。

 

 

コストパフォーマンスという言葉の裏側にあるもの

オメガの腕時計はいずれも高価ではありますがそれでもコストパフォーマンスが高いと評されることがあります。このコストパフォーマンスが高いという言葉は、オメガに対する場合は特にですが販売価格が安いということではなく、その実力に見合わないほど、また正当に評価されているとは言い難いほど親切な価格設定だという意味です。 つまりもっと信頼性や性能に見合った高い価格設定をしてもいいはずのに・・という最大最高の賛辞なんですね。しかしそこがまた職人集団オメガらしいとも言えます。

誰もが認めるブランドネームがあり高性能で高耐久である時点で購入対象として間違いありませんが、更にコストパフォーマンスが高いとなると買わない理由を探す方が難しくなりますよね。
オメガオーナー共通の感想として購入後にジワジワと満足感が高まるという感覚を是非皆さまにも味わっていただきたいです。

 

 

311.90.44.51.03.001 詳細スペック

外装

ラグの間のサイズ 21mm
ブレスレット チタン
ケース チタン
ケース直径 44.25mm
ダイアルの色 ブルー
クリスタル風防 両面に無反射加工を施したドーム型強化無反射サファイアガラス

ムーブメント

ムーブメント キャリバー:オメガ9300
駆動方式 コラムホイール機構搭載の自動巻きクロノグラフ ムーブメント
パワーリザーブ 60時間

機能

防水 10気圧(100メートル/330フィート)
その他 クロノグラフ
クロノメーター
シースルーケースバック
スモールセコンド
タキメーター
チタン
日付表示
自動巻きウォッチ

オメガのコラム記事を読む

【オメガ 第8世代スピードマスター 新旧比較】 初代ムーンウォッチの正当進化モデルをご紹介

【オメガ 第8世代スピードマスター 新旧比較】 初代ムーンウォッチの正当進化モデルをご紹介

【シーマスター300 マスタークロノメーター 新旧比較も】 オメガの名作を復刻した新型モデルをご紹介

【シーマスター300 マスタークロノメーター 新旧比較も】 オメガの名作を復刻した新型モデルをご紹介

【厚みがあって重い?評価はどうなの?】 オメガダイバーズの定番!シーマスターダイバー300Mを紹介

【厚みがあって重い?評価はどうなの?】 オメガダイバーズの定番!シーマスターダイバー300Mを紹介

【スピマスって何種類あるの?】 オメガの代名詞たるスピードマスターの全て

【スピマスって何種類あるの?】 オメガの代名詞たるスピードマスターの全て

オススメ記事を見る

企業紹介