title

【男性のためのカルティエウォッチ】
愛用者の年齢層やイメージ、年代別オススメモデルをご紹介

腕時計、ジュエリーはもちろん、レザーアイテムやライターなどの小物まで幅広いシリーズを展開する世界的ブランド、カルティエ。

世界5大ジュエラーに選ばれていることもあり女性向けの印象が強いブランドではありますが、実は、男性用腕時計に関しても歴史が深く、タンクウォッチやサントスウォッチを中心に世界中の男性から愛されるウォッチメゾンでもあるのです。

しかし、そのラインナップは多岐に渡り、タンクウォッチだけでも「タンク マスト」「タンク MC」「タンク ルイ カルティエ」などがリリースされているなど、時計選びに悩むことも少なくないかもしれません。

そこで、当記事では筆者がデザイン、コスパ等を考慮し選んだ、カルティエ年代別おすすめメンズウォッチをご紹介いたします。

カルティエウォッチのご購入で悩まれている男性の方は、参考にしていただけると幸いです。

カルティエはシリーズの遷移によって廃盤となったコレクションが多く存在します(例、タンクソロ等)。当記事では現行モデルに限りご紹介いたしますのでご了承ください。

 

 

王室御用達の老舗ジュエラー「カルティエ」

logo

1847年、ルイ・フランソワ・カルティエがパリに工房を構えたところから、カルティエの歴史は始まりました。

その卓越したデザインセンスや宝石、貴金属の加工技術が活かされたハイジュエリーは、当時のセレブリティを中心に絶大な人気を集めることとなり、多くの国の王室御用達に選ばれるまでになります。

当時のイギリス国王エドワード7世はそんなカルティエを「王の宝石商、宝石商の王」と評価し、カルティエは世界的ジュエラーとして世界中の人々の知るところとなりました。

watch

その一方、カルティエはウォッチメゾンとしても並々ならぬ逸話を持っており、世界初の男性用腕時計を生み出しその基盤を固めるなど、その技術力の高さ、革新めいた開発力はスイスの名だたる時計ブランドに全く引けを取りません。

 

 

カルティエ愛用者の年齢層は?イメージは?

さて、そんな名作揃いのカルティエウォッチですが、そのシリーズの多様性や、カジュアルからフォーマルまでこなす便利さから、様々な年齢層の男性から人気を集めています。

特にタンクやサントスといった代表的モデルを中心に、時計を初めて買う20代から、働き盛りの30代、社会人としてもベテランに位置する40代以上の方にも愛用されています。

mens

愛用者のイメージについてはさまざまですが、カルティエウォッチは気品あるドレスウォッチとしても扱われることが多く、大人の余裕、色気を感じる男性が着用者に多いイメージにあります。

mens2

それでは、ここからはそんな20〜40代以上の男性におすすめなカルティエウォッチを、年代別にいくつかピックアップしてご紹介いたします。

 

 

「コスパ重視!」20代男性にオススメなカルティエウォッチ

20代にオススメなモデルには比較的手に入りやすい価格でカルティエを実感できる、エントリーモデルにピッタリの2シリーズをセレクトしました。

 

2021年新作!カルティエの必需品「タンク マスト」

タンクマスト

1本目はカルティエのアイコンウォッチ”タンク”から「タンク マスト」をピックアップ。

1970年代に登場した「マストタンク」を復刻した本モデルは、貴金属の使用が抑えられ扱いやすいクォーツムーブメントを搭載した、タンクの中でも非常にリーズナブルなラインです。

タンクマスト2

それでいてタンクの持つ洗練されたデザインコードはしっかりと受け継がれており、「タンクらしさ」を十分感じられます。

ブレスレットのバリエーションに加え、赤、緑、青のカラーリングも用意されています。

 

嫌味の無い上品さ「ロンドソロドゥカルティエ」

ロンドソロ

2本目はクラシックウォッチを意識した「ロンド ソロ」です。カルティエおなじみのりゅうずは健在で、レトロなエレガンスを演出するローマ数字、ブルースチール製のアップル針、個性的なミニッツトラックは見るものの心を掴んで離しません。

36mmを超えるメンズモデルには自動巻きの機械式ムーブメントが搭載されており、初めての機械式時計に選ぶのもいいかもしれません。

 

 

「オトナの色気」30代男性にオススメのカルティエウォッチ

大人として精神的余裕が出てきた壮年期、30代の男性には、カルティエウォッチの中でも”オトナ”の色気を引き立ててくれるシリーズをピックアップしました。

元祖メンズウォッチ「サントス デュモン」

santosdumon

まずはメンズウォッチの先駆けとしても知られるサントスシリーズから、モチーフとなった飛行家の名前をもじった「サントス デュモン」をご紹介します。

サントスウォッチの中でも特にその伝統を感じられるこのシリーズは、1904年誕生の初代サントスのデザインコードに基づいたクラシカルなデザインが特徴的です。

santosdumon

インダストリアルなフォルムに加え、象徴的なビスの配列からは確かなエレガンスを感じられること間違いなし。

ラインナップには、扱いやすいクォーツ式とロマンある機械式、貴金属を用いたハイエンドモデルなどが肩を並べ、バリエーションの多さゆえの幅広い価格帯も魅力の一つと言えるでしょう。

 

個性派ユニセックスウォッチ「パシャ ドゥ カルティエ」

pasta

カルティエの独創的なユニセックスウォッチと言えば真っ先に名前が挙がるであろう「パシャ ドゥ カルティエ」も色気あるオトナの男にピッタリです。

pasta2

スリムな防水ケースの中心にはケースフォルムと対照的なスクエアのミニッツトラックが配置され、サファイアのリューズガードやラグの突起など、大胆なディテールの数々はオトナの色気を演出してくれます。

pasta3

現行モデルに至っては機能面が見直されており、クイックスイッチ機構やスマートリンクによってブレスレットの変更、コマ調整が手軽に行えるのも嬉しいところ。

ペアウォッチとしてパートナーと一緒に購入するのもいいかもしれません。

 

軽やかかな上品さ「バロン ブルー ドゥ カルティエ」

ballon

「青い風船」と名付けられたこのシリーズは、風船のようなふくらみのあるフォルムと内側に入り込んだリューズが特徴的なモデルです。

フェミニンな印象も感じられる軽やかな雰囲気でありながらも、クラシックな外観と独創的な意匠からは男性らしい色気とエレガンスを確かに感じられるでしょう。

ballon

リューズに組み込まれたサファイアクリスタルをチラリと見せる気品ある演出は、さすがのハイジュエラーブランドだと言わざるを得ません。

レディースモデルのバロンブランと組み合わせてペアウォッチにもオススメです。

 

 

「一生モノを」40代以降の男性にオススメのカルティエウォッチ

社会人としてもベテランとして扱われる40代以降であれば、一生モノの時計を買いたい年齢でもあります。

この先ずっと愛用することができて後世に引き継げるような、王道たるカルティエウォッチがふさわしいでしょう。

伝統をそのままにモダニズムを追求「サントスドゥカルティエ」

針比較

「サントス ドゥ カルティエ」は、サントスシリーズの基本的なデザインコードを継承しつつも、各所に手を加えることでさらなる進化を迎えたサントスウォッチです。

かつてのサントスにはなかった、ベゼルからブレスレットへの流れるようなデザインは時計の一体感を演出し、9mm弱のスリムボディを採用することでさらなるスマートデザインを獲得しました。

パシャと同様にバンドの付け替えに嬉しいクイックスイッチ機構や、コマ調整に便利なスマートリンク機能が搭載されており、実用性も十分。

針比較

バリエーションとして、イエローゴールドとSSのコンビモデルやハイジュエラーなダイヤベゼルモデルもラインナップされており、一生モノらしい個性の演出もバッチリです。

筆者的にはキズに強いADLC(Amorphous Diamond Like Carbon)加工が施された、”黒い”サントスドゥカルティエがオススメです。

ADLC

 

優雅かつ官能的なタンク「タンク アメリカン」

tank American

緩やかに湾曲した優雅な縦長ケースが特徴的な、タンクウォッチの上位シリーズです。

腕に柔らかくフィットするそのフォルムはまるで上質なアクセサリーのようであり、他のタンクにはない官能的なエレガンスを演出しています。

針比較

女性向けのモデルが多いシリーズではありますが、メンズモデルでもタンクウォッチ最高峰の色気は健在。

ハイジュエラーなモデルとして、イエローゴールドをケースに用いたモデルや、ダイヤベゼルのモデルもラインナップされています。

 

さらに本物志向を追求する方には「タンク ルイ カルティエ」もオススメです。

針比較

アールデコと呼ばれる装飾様式の先駆けにもなった「初代タンク」の伝統をそのままに、現代の内部機構を取り入れた原点回帰のタンクウォッチです。

タンクアメリカンと並び、タンクの決定版といっても過言では無いでしょう。

 

 

まだまだ紹介したいメンズカルティエ

もちろん上記のシリーズ以外にも、カルティエにはメンズウォッチが多くラインナップされています。簡単にここでご紹介します。

ほかにも、レトロなクッションケース採用の「ドライブ ドゥ カルティエ」、ミステリーウォッチ等を含むハイエンドライン「ロトンド ドゥ カルティエ」、タンクの常識を覆した「タンク アシメトリック」など、さまざまな男性のニーズに応えられるラインナップが出揃っています。

タンクMC

究極の男らしさを謳う迫力のタンクウォッチです。

秒針はスモールセコンドに移され、クラシカルながらもメンズウォッチらしい力強いウォッチフェイスにのこの時計には、メカ好きにもたまらないマニファクチュール自動巻ムーブメントが搭載されています。

シースルーバックにはムーブメントに美しい装飾が施されており(コート・ド・ジュネーブ)、エレガンスの演出も忘れていません。

 

ロンド ルイ カルティエ

ピンクゴールドを中心に貴金属、貴石をふんだんに用いた、先ほどご紹介したロンドソロカルティエの上位モデルです。

「カルティエらしいクラシックウォッチ」の真髄たりえる腕時計は各部の意匠にまでこだわりがなされており、レトロなエレガンスが極限まで高められています。

搭載されているマニファクチュールムーブメントには”C”が2つ繋がったカルティエロゴが無数に刻まれており、その中心にブランドネームが燦然と輝きます。

 

 

まとめ 男を次のレベルへ進めるカルティエ

まとめ

本記事ではカルティエのオススメメンズウォッチを年代別でご紹介しました。

あなたの色気、気品を高めてくれるカルティエウォッチは、たとえどの年代の男性であっても、きっとその手元を輝かせてくれることでしょう。

あなたのウォッチライフにカルティエという輝きを、一つ取り入れてみませんか。

オススメ記事を見る

企業紹介