耐衝撃構造

耐衝撃構造

タフネスを追求した G-SHOCKのコアテクノロジー。

  • 耐衝撃性能をつきつめたミニマルデザイン
  • 人間の視野角に近い16:10の液晶サイズ
  • 着用の邪魔にならないバランスのとれた形状

中空構造ケース

耐衝撃構造01

G-SHOCK初号機を生み出した独自のケース構造。「弾むゴムボールの中では衝撃は伝わらない」という発想から、ケース内でモジュールを浮かせるように配置し、外部からの衝撃伝達を緩和。現在では、さらなる技術革新によりモジュール自体の耐衝撃化も実現している。すべては、ここから始まった。Gの原点を物語る、画期的なタフネス構造。

重要部品の緩衝材保護

耐衝撃構造02

水晶振動子など、モジュール内の重要部品を緩衝材で個別保護。時計が大きな衝撃を受けた際、瞬間的にモジュール内に歪みが生じ、接触不良や誤作動が起こることを防ぐ。

全方向カバリング

耐衝撃構造03

落下時には突出したベゼル全体が受身をとるようにして、モジュールと直結しているボタンをガードし、あらゆる方向からの衝撃を緩和する。また、ガラス面の保護にも効果を発揮する。さらに、バンドとケースの接続部をカーブ状に固定。バンド自体がショックアブソーバーの役目を果たし、ケース裏側への直接衝撃を防ぐ。

オリジナルスクエアデザイン (5000/5600シリーズ)

耐衝撃構造04

初号機で採用されたスクエアデザイン。モジュール構造、液晶表示などの内部設計から、素材、サイズ、形状などの外装デザインに至るまで、普遍的なユーザビリティを追求。その造形は、原点にして最終形ともいえる完成度を誇り、今もなおG-SHOCKの象徴として5000/5600シリーズに形を変えずに受け継がれている。

耐衝撃構造

86商品

おすすめ順 価格順 新着順

86商品 1-12表示
86商品 1-12表示

G-SHOCK 絶対強度の追求

20気圧防水
トリプルGレジスト

G-SHOCK 絶対精度への挑戦

スマートフォンリンク
G-SHOCK 電波ソーラー
標準電波受信(マルチバンド6)
ソーラー充電(タフソーラー)

マイケル加古川がジュエリーの奥深い世界をご案内します!

間下もんどのすけが味わい深い時計の世界をご紹介します

ブランドから探す