カンパノラ

宙空の美。

宙空の美。それはカンパノラのデザイン・コンセプト。
ガラスに遮られたわずかな空間に、無限の宇宙を閉じこめる。
サークル形状の五徳リングなど、パーツを組み合わせた多層構造を持ち、
建築物のように立体的な表情を醸しだす文字板。
ドームの天井を思わせるラウンドフォルムのサファイアガラス。
美しい文字板の上を正確に、そして優雅に針がリズムを刻む。

究極のメカニズムと美しさを持つ独創の時計。
カンパノラは、手にする人とともに豊かな時間を紡いでゆく。
かけがえのない瞬間を刻んでゆく。

カンパノラ コスモサイン

コスモサイン

天空の星の動きが時の概念につながり、やがて人類は時計という装置を生みだした。
時と切り離すことのできない宇宙という大きな存在を、小さな時計の中に閉じこめることができないだろうか。
そう考えて誕生したのが、カンパノラ コスモサイン。
天空の星の動きや月の満ち欠けを文字板上にリアルタイムで再現。
満天の星空を、あなたのものに。

Premium Doors 「The CITIZEN」・「CAMPANOLA」ダブルフェア開催

対象期間:10月1日(木)〜11月30日(月)
対象商品:ザ・シチズン、カンパノラ 腕時計全種

ザ・シチズン25周年及び、カンパノラ発売20周年を記念して、上記フェア期間中に、ザ・シチズンorカンパノラの腕時計をご購入いただいたお客様全員に、筆記具の名門『PARKER(パーカー)ボールペン ラックブラック』をプレゼントいたします。

パーカーボールペン ※『織部(おりべ)・焦香-集、-移(こがれこう すだく、うつろい)』は数量限定ですので、お早めにご予約くださいますようお願い致します。

CAMPANOLA|カンパノラ

43商品

おすすめ順 価格順 新着順

43商品 37-43表示
43商品 37-43表示
手作業で仕上げるムーブメント

時計職人が手作業で仕上げる

スイス、ラ・ショー・ド・フォンにあるラ・ジュー・ペレ(La Joux-Perret SA)社の機械式ムーブメント。時計職人がひとつひとつ部品を組み上げたムーブメントには美しい波のような装飾模様コート・ド・ジュネーブが施され、カンパノラのロゴが誇らしく刻みこまれている。シースルーバックからその姿を見ることができる。

クオリティを追求したクオーツムーブメント

クオリティを追求したクオーツムーブメント

シチズン製のクオーツムーブメント。素材を厳選し、職人の手で組み上げられたカンパノラの心臓部は、コート・ド・ジュネーブが施された写真のムーブメントのように 、宝飾品同様の美しさで仕上げられる。普段は目にすることのない部分であっても、すみずみまでクオリティを追求している。

会津の漆塗り

会津伝統工芸の漆塗り

カンパノラに欠かせない、漆を施した文字板。長い時間をかけて技を磨き、受け継がれてきた漆塗りは、高い芸術性を有する日本の伝統工芸である。何層にも漆を塗り、きめ細かく研いで生まれる美しい表情。カンパノラの漆塗り文字板は、会津の伝統工芸士、儀同哲夫氏をはじめとする職人の手による。

職人手作りのケース

熟練の職人技による手作りのケース

カンパノラのケースは、はじめて腕に装着しても、長年愛用してきた時計であるかのようにしっくりフィットする。それは、手首のかたちに合うように形状をラウンドさせ、面の構成や角度にもきめ細やかな配慮を施しているから。優美な曲線と鏡のような輝きを生みだす熟練の職人技。一日に少量しかできない手作りの逸品である。

立体感あふれる文字盤

立体感あふれる文字盤

時計の顔ともいうべき文字板。カンパノラは高精度の電気鋳造という技法で加工し、1ミクロン以下の凹凸という細かいディテールまで表現。緻密なパターンや繊細な漆塗りを生みだす。五徳リングやスモールダイヤルなどを組み合わせた多層構造によって、立体感あふれる「宙空の美」を演出している。

サファイアガラス

宙空の美を堪能するサフィイアガラス

流麗なラウンドフォルムのサファイアガラスは、平面ガラスの数倍の手間をかけて原材料を切削、研磨。ガラスの表面、裏面ともに同じ球面構造にして厚さを均一化、どこからでも歪みなく文字板が見えるようにしている。また視認性を高める無反射コーティングを採用。カンパノラの「宙空の美」を心ゆくまで堪能できる。

一本一本の針

職人による手作業での仕上げ

カンパノラの妥協のないものづくりの姿勢は、どんな小さなパーツにも貫かれている。時計の針は、小さくても時計の要ともいうべき存在。文字板上にある複数の針のそれぞれに個性を持たせ、視認性を確保しながら、その時計に調和するデザインを追求。一本一本熟練の職人の手作業で仕上げている。

フィット感を高めたベルト

フィット感を高めたバンド

カンパノラは、バンドにも徹底してこだわっている。たとえばワニ革バンドでは、希少なスモールクロコダイルの「竹斑(たけふ)」と呼ばれる腹の部分のみを使用。裁断から整形、縫製に至るまで、熟練の職人が手がける。メタルバンドは、異なるカーブや形状のパーツを用いて、腕へのフィット感を高めている。

マイケル加古川がジュエリーの奥深い世界をご案内します!

間下もんどのすけが味わい深い時計の世界をご紹介します

ブランドから探す