クエルボ イ ソブリノス
「スイスのハートにキューバのスピリット」そんなフレーズで表現されるブランド、クエルボ・イ・ソブリノス。
ありきたりなテイストの枠を超え、個性的でクールなライフスタイルと粋を楽しめる人に相応しいウォッチ、それがクエルボ・イ・ソブリノスです。
由緒ある「クエルボ・イ・ソブリノス」の歴史は、ハバナが栄華を極めていた古きよき時代1882年まで遡ります。La Casa(ラ・カーサ)という小さな貴金属店として創業後、創業者ラモン・イ・クエルボをその甥であるアルマンド・リオ・イ・クエルボを含む兄弟達が経営を手伝うことになり、店名を“クエルボとその甥達”という意味である「クエルボ・イ・ソブリノス」に変更したことに由来します。

クエルボ・イ・ソブリノス

42商品

おすすめ順 価格順 新着順

42商品 1-12表示
42商品 1-12表示

「クエルボ・イ・ソブリノス」ヒストリー
〜 静かに眠り続けたラテンの時間 〜

1882年、ラモン・イ・クエルボはハバナでも一流ショップが集まるキンタ通りにLa Casa(ラ・カーサ)という高級時計宝飾店をオープンする。ほどなくアルマンド・リオ・クエルボを含む兄弟達が経営を手伝い始め、後に店名を“クエルボとその甥達”という意味である「クエルボ・イ・ソブリノス」(以下CYS)に変更、事業は次第に拡大した。時計はスイスのラ・ショー・ド・フォンで製造。卓越したスイスの時計製造の技術に、ラテンの精神を吹き込むことに成功する。

クエルボ イ ソブリノス

1940年代、砂糖需要の拡大によりのキューバはかつてない好景気に沸いた。それとともにCYSも絶頂期を迎え、一流時計メーカーにオーダーしたショップウォッチも数多く生まれた。 作家のアーネスト・ヘミングウェイ、俳優のクラーク・ゲーブル、政治家のウィンストン・チャーチル、そして物理学者のアルベルト・アインシュタインなど当時の著名人たちの多くが、クエルボ・イ・ソブリノスの顧客名簿にその名を連ねていることからも人気ぶりが窺い知れる。だが、その後、キューバ革命などの政情不安により、CYSは営業停止を余儀なくされる。

20世紀末、長い眠りから“発見”されたCYSは、2002年、前CEOのマルツィオ・ヴィラによって本格的にブランドが復活。現在はスイスのルノワールモンを拠点に、クエルボファミリーの職人たちより受け継がれた時計のムーブメントや、当時のスケッチ、デザインからヒントを得ながら、かつてのモデルに独自のタッチを加え、新たにハバナテイストを基調としたエレガントなモデルを生み出している。

時計収納ボックスは保湿機能がついた葉巻保管箱としてもご利用頂けます。

ボックス内部の蝶番(ちょうつがい)は金メッキ仕上げになっており、湿気による金属のサビを防ぐようになっています。
素材にはスパニッシュシーダーを使用し、ボックス内部には接着剤を使用せず、大切な葉巻の香りが損なわれないようになっています。
加湿器と湿度計がついています。
加湿器に数滴水(蒸留水をお勧めします)を垂らして適湿なるよう調整してください。
時計収納トレーは取り外しが可能です。
トレー下側は葉巻収納ができるようになっています。

クエルボのボックスは葉巻入れ

企業紹介