タイトルザ・シチズンの文字盤を俯瞰した画像

【和紙文字板の高精度クォーツ】
正規販売店がザ・シチズンの年差5秒エコドライブモデルをご紹介

飽くことなき精度の追求を続けるシチズンは、その技術の粋を集めて「ザ・シチズン」という最高峰シリーズを生み出しました。
「ザ・シチズン」は一般的なクオーツ時計の精度月差±15秒を遥かに上回る年差±5秒を実現し、世界的に高いシチズンの技術力を証明しました。そして、2011年、シチズンは光発電機能エコ・ドライブと年差±5秒の精度、二つを両立させた夢のような時計「年差5秒光発電エコドライブ」を発表しました。
今回は正規販売店がシチズンが誇る高精度エコ・ドライブモデルをご紹介します。

(2021年11月追記)
世界90本限定の新作年差±1秒モデル「AQ6101-02A」が、12月にリリースされるとシチズンから発表がありました!

このページで詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

また、ハラダ当店では「AQ6101-02A」のご予約を受け付けております。認定店でしか購入できない上に少数生産の限定モデルですので、お早めに!

 

 

精度の追求 水晶振動子へのこだわり

ザ・シチズンの工程の様子

年差±5秒を叩き出す「ザ・シチズン」の驚異的な性能は、生半可な工程では再現できません。
クオーツ時計の精度は水晶振動子の品質によって左右されるため、ほかの時計なら問題なく組み込める振動子でも「ザ・シチズン」には採用できません。
6ヶ月間寝かした後、周波数特性を見極めてからムーブメントに組み込まれ行われる計測をクリアした振動子だけが「ザ・シチズン」として世に出ることを許されるのです。

また、日常生活で水晶振動子にもっとも影響を与える温度にも「ザ・シチズン」は対策を講じています。
25℃で最大の精度を発揮する水晶振動子は、5℃の気温差で1日に約0.1秒の誤差が生じます。
年差1秒2秒を争う「ザ・シチズン」にとってこれは命取り。その対策として、「ザ・シチズン」には温度補正機能が搭載され、1分に1回、1日にして1,440回という回数、0.1℃単位で温度に合わせて周波数変動の補正をかけ続けています。

水晶振動子に対する途方もないこだわりこそが、年差という最高峰の高精度を生み出しているのです。

 

 

高精度光発電システム(エコ・ドライブ)

エコ・ドライブの高精度光発電システムのイメージ画像

シチズンが生み出した光発電技術(エコ・ドライブ)の発電力、省電力は凄まじいものがあり、この「ザ・シチズン」に搭載されているエコ・ドライブはわずかな光さえもエネルギーに変換し、フル充電で6ヶ月間時計を動かし続けます。

また、「ザ・シチズン」は洗練された光透過型の文字盤を採用しており、デザイン性を損なうことなくエネルギーの確保を可能にしています。
光発電技術のパイオニアであるシチズンの誇りを体現したかのような機能が「エコ・ドライブ」なのです。

土佐和紙を作っている画像

シチズンはエコ・ドライブに最適な文字板素材を日々研究しており、その一つの答えとして「土佐和紙」を「ザ・シチズン」に採用しました。
伝統工芸品の土佐和紙を使用した文字板は、エコ・ドライブに必要な光透過性と独特の涼しげな美しさを兼ね備えており、「ザ・シチズン」の一つの顔となっています。

 

 

シンプルな造形が生む実用性

文字盤のシチズンロゴアップ画像

シチズンは毎日使う実用時計としてふさわしいデザインを追求し続けてきました。
「ザ・シチズン」の造形にはその哲学が存分に活かされており、月日がたっても風化することのない非常にシンプルな造形をしています。
加えて、実用時計に重要な「時刻の読み取りやすさ」には特に重点が置かれており、様々な工夫が施されています。

例えば、針と文字板のインデックスは多面カットを施すことにより、どの角度から見ても光の反射による視認ができるようになっています。また、ガラスがあることを忘れてしまうほど光の反射を抑えた、クラリティ・コーティング加工のサファイアガラスが採用されており、さらなる視認性の向上を実現しています。

高級感と機能性を両立している「ザ・シチズン」からは「シンプルな造形にこそ普遍の力がある」という実用時計ならではのデザインコンセプトを十分に感じ取ることができます。

 

 

キズつかない美しさ

白蝶貝文字盤エコ・ドライブのバンドのアップ画像

シチズンの誇る表面硬化技術、デュラテクト。
時計本来の輝き、仕上げの美しさを守るためのその技術が「ザ・シチズン」を強く、美しくしています。

「ザ・シチズン」に採用されている「デュラテクトα」はシチズンの表面硬化技術の最高峰であり、サファイアガラスと同程度の硬度(2,000〜2,500Hv)を実現し、金属アレルギーの人でも安心して着用できるように耐メタルアレルギー性にも優れています。
それでいて輝きは貴金属のようであり、安心と美しさを両立した魔法のような技術を「ザ・シチズン」で体感できるのです。

 

 

機能

白蝶貝文字盤エコ・ドライブの文字盤アップ画像

シチズンが追求してきた技術の結晶である「ザ・シチズン」には、上記以外にもさまざまな画期的技術が搭載されています。

 

・0時ジャストカレンダー更新機能

0時ちょうどになると瞬時に日付が切り替わるこの機能はトルクの弱いクォーツ時計への搭載が難しく、職人の熟練の組み立て技術とシチズンのエレクトロニクス技術が揃って、やっと実現しました。

 

・パーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)

腕時計のカレンダーは1ヶ月を1〜31日で表すため、うるう年との兼ね合いなどで実際の日付とズレることがあります。
時刻にこだわる「ザ・シチズン」は日付にも妥協していません。永久カレンダーとも呼ばれるこの機能を搭載し月による日数のズレやうるう年の調整も自動で行い、手動での日付変更を不要にしました。

 

・時差設定機能

海外を舞台に活躍する人にも「ザ・シチズン」は便利な時計です。
簡単な操作で秒針、分針を止めずに時針だけを1時間単位で動かせるので、時差管理も難なくこなせます。

 

 

いつまでも愛用して貰うために

ザ・シチズンを包装している様子

オーナーズクラブに登録すれば、「ザ・シチズン」はなんと10年もの長期無償保証が受けられます。
これは時計業界で最も長いサポートであり、10年の中で故障の修理はもちろん、無償の定期点検も行えます。

高級モデルだけのこの特権は、シチズンの「ザ・シチズン」に対する自信と誇りがあるからこそ実現したものといえるでしょう。

 

 

2021年新作 ついに登場!和紙文字盤採用の年差±1秒モデル
「AQ6101-02A」

ザ・シチズンのバナー

2021年12月に年差±1秒の限定モデル「AQ6101-02A」がリリースされます。

内部ムーブメントはこれまでの年差±1秒モデルと同じく、エコドライブを搭載した「Cal.0100」ですが、そのダイヤルはまさかの和紙文字盤!
年差±5秒モデルだけの仕様だった和紙文字盤が、ついに年差±1秒モデルに採用されました。

ザ・シチズンエコ・ドライブを横向きに見た様子とザ・シチズンエコ・ドライブ文字盤を俯瞰した様子

フラグシップモデルなだけあってその和紙もスペシャル仕様。ザ・シチズンのトレードマークであるイーグル(鷹)の翼のような紋様が中心から広がっており、そこに伝統技法である蒔絵によってプラチナ箔が散らされた豪華なものになっています。

ザ・シチズンエコ・ドライブの文字盤アップ画像とザ・シチズンエコ・ドライブの裏蓋アップ画像

ストラップには最高級のワニ革バンドが採用され、クラシカルな雰囲気はこの時計のエレガンスをより強調。

世界90本限定の特別認定店でしか手に入らないモデルであり、裏ぶたには「EAGLE」の刻印とシリアルNo.が刻まれた、特別感満載の一本です。
数量がかなり限られていますので、ぜひお早めにご予約ください!

 

 

まとめ「最高峰の実用時計ザ・シチズン」

ザ・シチズンを腕につけている様子

当記事では、ザ・シチズンの「年差5秒エコ・ドライブ」モデルについてご紹介しました。
実用時計の理想を追求し続けるシチズンの最高峰モデルなだけあってその実用性は非常に優れており、他にない唯一性を兼ね備えた鋭意的モデルがザ・シチズンには肩を並べています。

ビジネスにファッションに一生モノに、ぜひ一本お手に取ってみてください。

企業紹介