オメガの人気腕時計ランキング【2024年最新版】 - 高級時計 正規販売店 ハラダHQオンラインショップ

オメガの人気腕時計ランキング【2024年最新版】

210.90.42.20.01.001 OMEGA オメガ シーマスター ダイバー300M 007エディション

オメガは、スイス生まれの高級腕時計ブランドです。NASAの標準装備として認定された「スピードマスター」をはじめ、オメガのコレクションには確固とした歴史があります。時計愛好家から、高級腕時計に興味を持ち始めたばかりの方まで、幅広い層から注目を集めるブランドです。

本記事では、オメガの人気商品を2023年の1年間(2023年1月~2023年12月)のアクセス数が多かったものから、コレクションごとにランキング形式でご紹介しています。自分用や、贈答品用の腕時計を購入するときの参考にしてみてください。

オメガとは

1848年、若き時計職人ルイ・ブランがスイスの工房を開き、その後オメガとなる企業の基盤を作りました。創業して間もなく注目を集め、1932年ロサンゼルスオリンピックで公式時計へ採用されることになります。その後にも、NASAで宇宙飛行士の標準装備品に採用されるなど、その時計製造の技術力も高く評価されてきたブランドです。

オメガのラインナップは4つのコレクションで構成されています。

月面踏査で伝説となった「スピードマスター」、果てなき海洋への挑戦「シーマスター」、輝かしい歴史を象徴する「コンステレーション」、機能性とエレガンスを兼ねる「デ・ヴィル」。今回はそれぞれのコレクションとともに、注目されているモデルをご紹介します。

オメガ スピードマスター

スピードマスターは、数ある高級腕時計のコレクションの中でも名だたる存在です。スピードマスターの逸話をきっかけに、高級腕時計に興味を持った人も少なくないでしょう。

初代スピードマスターは1957年に創設されたオメガのプロフェッショナルラインの一つです。プロフェッショナルラインにはスピードマスターに加え、シーマスター300、レイルマスターも含まれていました。

やがて耐久性に優れたその構造を評価されたスピードマスターは、NASAの標準装備品の候補に選ばれます。そして、さまざまなブランドの時計がNASAの過酷なテストに脱落する中、唯一合格したのがスピードマスターだったのです。

その後1965年に、NASAは正式にスピードマスターを標準装備品として認定し、1969年のアポロ11号の月面着陸時に着用されました。こうして、宇宙飛行士が装着した腕時計として、スピードマスターはその類まれな性能を世界に知らしめたのです。

ちなみに、この時月面に携行されたスピードマスターは「スピードマスター プロフェッショナル」へと名前が変更され、現代までそのデザインが継承され続けています。

オメガ スピードマスターモデル一覧

1位:オメガ スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル 42MM サファイアガラス 310.30.42.50.01.002

第1位の「310.30.42.50.01.002」は、初代スピードマスター ムーンウォッチと呼ばれる第4世代モデルのデザインを復刻したコレクションです。6度に渡る月面着陸プロジェクトの全てに携行されたスピードマスター ムーンウォッチは、伝説のクロノグラフです。

初代スピードマスタープロフェッショナルにも採用された「ドットオーバー90」が復刻されている他、非対称なケースに、視認性を高める段差の付いたブラックの文字盤が、ファンにはたまらない腕時計となっています。

310.30.42.50.01.002」は、ブレスレットとケースがステンレススティール製で、クリスタル風防にはサファイアクリスタルガラスが採用されています。

ケースバックはシースルーバックになっており、時計の内部構造を鑑賞することが可能です。搭載されたムーブメントは手巻き式の「キャリバー オメガ 3861」で、METASの認定を受けています。

・駆動方式:機械式(手巻き式)
・ケースサイズ:42.0×47.5×13.2mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 3861

【オメガ スピードマスターの定番 新旧比較も】 初代ムーンウォッチの正当進化モデルをご紹介

2位:オメガ スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル 42MM 強化プラスチックガラス 310.30.42.50.01.001

スピードマスター ムーンウォッチの「310.30.42.50.01.001」は「310.30.42.50.01.002」と同時リリースされました。本作はより第4世代モデルと同じ仕様に近づけるべく、強化プラスチックガラスとソリッドバックが採用されています。

ソリッドバックにはシーホースが刻印され、ガラスの中央にはオメガのロゴが刻まれています。搭載されているムーブメントは、手巻き式の「キャリバー オメガ 3861」です。

・駆動方式:機械式(手巻き式)
・ケースサイズ:42×47.5×13.2mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 3861

【オメガ】スピードマスター プロフェッショナルは 40代こそ選ぶべき大人のこだわりのムーンウォッチ

3位:オメガ スピードマスター 38MM 324.30.38.50.03.001

オメガ スピードマスター 38MM 324.30.38.50.03.001」は、シンプルなデザインと、女性でも使いやすい38mmというコンパクトなケースサイズ、淡い爽やかなブルーのダイアルが特長のモデルです。ステンレススティール製のケースと、ブルーのタキメータースケールを搭載したベゼルとの組み合わせが、クールでモダンな印象です。

光沢を抑えたブルーのダイアルは、ビジネスシーンにふさわしい、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。インデックスはロジウムでコーティングされており、見やすく実用的な上に、美しい輝きを放ちます。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:38.0×44.9×14.7mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 3330

オメガ シーマスター

シーマスターは、1948年に誕生したダイバーズウォッチです。ブランド創業100周年を記念して発表された当時のシーマスターは、軍用ウォッチを想定して作られており、陸・海・空といった過酷な場面でも使用できるように設計されました。それ以降シーマスターは、前述のスピードマスターをはじめとする、プロフェッショナルラインのベースとなりました。

日常生活を想定した防水時計から潜水を想定したものまで、シーマスターにはさまざまな防水性能のモデルが見られます。アクティブなマリンスポーツなどで活躍する一方で、ビジネスシーンにもなじむ洗練されたモデルもリリースされているのが特長です。

卓越したクラフツマンシップと秀逸な技術により、シーマスターのひとつひとつのモデルは、デザイン性・機能性いずれも魅力に満ち溢れています。世界の注目を浴び続け進化し続けるシーマスターシリーズであれば、とっておきのモデルを見つけられるでしょう。

1位:オメガ シーマスター ダイバー300M 42MM 007エディション 210.90.42.20.01.001

オメガ シーマスター ダイバー 210.90.42.20.01.001」は、映画「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」とのコラボレーションモデルです。ブラウン トロピカルのアルミニウム製のベゼルとダイアルがヴィンテージ感にあふれており、そのほかのディテールにも007の世界観が多いに反映されています。防水性能については300m防水で、本格的なダイビングでも着用できる仕様となっています。

ブレスレットとケースには、軽量なグレード2のチタン製が採用されています。グレード2チタンは純チタンとも呼ばれ、堅牢でありながら軽やかで、光沢を抑えた趣のある雰囲気を演出できる素材となっています。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:42.0×49.6×13.0mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 8806

【オメガ シーマスター ダイバー300M 007エディション】ジェームズ・ボンドが劇中で着用したスパイウォッチをレビュー

2位:オメガ シーマスター ダイバー 300M 42MM 210.30.42.20.01.001

オメガが誇る最先端の技術とデザインによってアップデートが繰り返されてきたダイバー300M。1993年の元祖モデル発売以来、世界中の人々から根強い支持を受け続けています。防水性能は名前の通り300m防水を備えており、ヘリウムエスケープバルブや逆回転防止ベゼルを搭載するなど、本格派ダイバーズウォッチに仕上がっています。

その中でも「オメガ シーマスター ダイバー 300M 210.30.42.20.01.001」は、スタンダードなブラックモデルです。ダイアルにはレーザーエングレービングにより波模様が施され、6時位置に日付表示があります。スケルトン針とインデックスは蓄光塗料のスーパールミノヴァでコーティングされ、暗い場所でもはっきりと時刻を読み取れます。ベゼルとダイアルはブラックセラミック製で、傷に強くスポーティな印象です。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:42.0×49.9×13.6mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 8800

3位:オメガ シーマスター アクアテラ 150M 41MM 220.10.41.21.01.001

シーマスター アクアテラ」は、数あるシーマスターの中でも、優美さが際立つコレクションです。防水性能は15気圧で、ダイバーズウォッチの要素を残しつつも、普段使いに適したデザイン性が特徴です。

ブラックのダイアルには、ラグジュアリーなヨットのウッドデッキを想起させる横ストライプが描かれ、ケースバックの周囲は波を思わせるウェーブで縁取られています。またシースルーバックからはムーブメントを鑑賞することができます。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:41.0×47.9×13.2mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 8900

オメガ コンステレーション

1952年に誕生した、星座の名前を持つ「コンステレーション」は、オメガの中でもタイムレスかつエレガンスな魅力を放つコレクションです。

コンステレーションという名称は、「天文台コンクール」で優秀な成績を収めたことに由来しています。天文台コンクールは毎年スイスで開催される、時計の精度を競う世界最高峰の舞台。オメガ初の自動巻き腕時計あったコンステレーションは、このコンクールでクロノメーター規格に匹敵する高精度を発揮しました。

そして、精度における8つの記録を打ち立てたことから、コンステレーションのメダリオンには「8つの星」があしらわれることになります。

なお、コンステレーションのトレードマークである6時位置の星型エンブレムも、このコンクールをきっかけにあしらわれるようになりました。

コンステレーションはそのエレガントなデザインの中に、オメガが独自に開発したセドナゴールド、ダイヤモンドなどの豪華な素材があしらわれています。時代に応じてアップデートされるデザインは、今後もオメガファンを楽しませてくれるでしょう。

オメガ コンステレーションモデル一覧

1位:オメガ コンステレーション グローブマスター 41MM 130.33.41.22.06.001

オメガ コンステレーション グローブマスター 41MM 130.33.41.22.06.001」は、往年の名作シリーズ「グローブマスター」のアニュアルカレンダーモデルです。

グローブマスターは、世界で初めてMETASのマスタークロノメーターの称号を得た、高性能を象徴するモデルとしても知られています。

中でもアニュアルカレンダーモデルである本作は、カレンダーの調整は毎年1度のみで済むという優れもの。月表示の役目を果たす4本目の針と合わせて、その日の日付を確認できます。

サンブラッシュ仕上げのグレーの「パイパンダイアル」は、1952年の最初のコンステレーションモデルを彷彿とさせます。なお、パイパンダイアルという名前は、パイを焼くフライパンに似ている形状から名付けられました。

落ち着いた色味のパイパンダイアルを背に、オメガのロゴ、スーパールミノヴァコーティングとファセット加工がなされたブルーの針とインデックス、そしてブルーの「星型エンブレム」がさりげなく添えられています。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:41×50.1×14.6mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 8922

2位:オメガ コンステレーション 41MM 131.23.41.21.03.001

オメガ コンステレーション 41MM 131.23.41.21.03.001」は、ケースサイドに施されたハーフムーンデザインと、裏から掴んでいるような「4本爪」が目を引く、濃いブルーと赤みを帯びたゴールドのコントラストが美しいモデルです。

ベゼルにはブルーセラミック製でローマ数字をデザイン。また、針とオメガのロゴ、星のエンブレム、ファセット加工がなされたインデックスには、いずれもオメガ独自のレッドゴールド、18Kセドナゴールドが使用されています。

ムーブメントは、自動巻き式の「キャリバー オメガ 8900」です。マスター クロノメーター認定のクロノメーターで、高い耐磁性、メンテナンス性が備わっています。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)

・ケースサイズ:41.0×44.0×13.5mm

・ムーブメント:キャリバー オメガ 8900

3位:オメガ コンステレーション 36MM 131.10.36.60.01.001

オメガ コンステレーション 131.10.36.60.01.001」は、男女問わずに使いやすい、36mm径のクォーツモデルです。

ケースはステンレススティールですが、針とオメガのロゴ、星のエンブレム、インデックスには、いずれも18Kホワイトゴールドが使用され、上品な輝きがラグジュアリーな印象です。ダイアルは、サンブラッシュ仕上げが施されたブラックダイアルを採用。

手軽に使えるクォーツモデルで、ブレスレットのような使い方ができるでしょう。

・駆動方式:クオーツ式

・ケースサイズ:36.0×39.1×10.0mm

・ムーブメント:キャリバー オメガ 4564

オメガ デ・ヴィル

デ・ヴィルは当初、シーマスターの1種として発売され、1967年に独立したコレクションとなりました。デ・ヴィルは、フランス語で「街」や「都会」を意味する「DeVille」から名付けられています。名前のとおりシティスタイルにマッチするようデザインされており、洗練されたモダンな印象をたたえた、シンプルながらも個性的なモデルがそろっています。

デ・ヴィルは、「トレゾア」を中心に、女性向けのコレクションが充実しています。一方で、シンプルながら個性が光るデザインで、ビジネスシーンで活躍する男性に向けたプレステージなども有名です。

トレンドを取り入れつつ、デ・ヴィルからは、レクタンギュラー・スクエア・トノー・オーバルなどさまざまなデザインのケースが生み出されました。奇抜な色使いのモデルや、大胆にゴールドをあしらったモデルも見られます。

オメガ デ・ヴィルモデル一覧

1位:オメガ DE VILLE  デ・ヴィル アワー ビジョン 41MM  431.33.41.21.03.001

「オメガ デ・ヴィル アワービジョン」は2007年に発売されたモデルです。ブルーのアワーサークルを背に、18Kホワイトゴールド製の針が輝きます。精緻に磨かれたダイアルは、卓越したクラフトマンシップがあってこそなし得るものです。

ブレスレットはレザーストラップで、クラシックかつ重厚な雰囲気を感じられるドレスウォッチと呼べるでしょう。

シースルーバックからは、コーアクシャル キャリバー8500の独特な模様を眺められます。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:41.0×12.2mm
・ムーブメント:コーアクシャル キャリバー8500

2位:オメガ DE VILLE デ・ヴィル プレステージ 39.5MM 424.13.40.20.01.001

「オメガ デ・ヴィル プレステージ」は、気品漂うデザインを備えた、シンプルかつドレッシーなコレクションです。中でも「424.13.40.20.01.001」は、歪みのない仕上げと、普遍的でシンプルなスタイルが特長です。モノトーンのデザインは、さまざまなシーンになじむでしょう。

ブラックのダイアルは中央部と外周部の2つに分かれており、12時、3時、6時、9時の位置にローマ数字が記されています。ベゼルはステンレススティール製で、黒いレザーブレスレットが使われています。

価格帯も抑えられており、エントリーモデルにもおすすめできる一本でしょう。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:39.5×44.8×9.8mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 2500

3位:オメガ DE VILLE デ・ヴィル プレステージ コーアクシャル マスター クロノメーター 40MM  434.13.40.20.10.001

「オメガ デ・ヴィル プレステージ コーアクシャル マスター クロノメーター 40MM  434.13.40.20.10.001」は、プレステージの第3世代モデルです。時代を問わないクラシカルなデザインを表現し続けるプレステージですが、第3世代ではついにマスタークロノメーター認定を獲得。加えて、ダイアルやブレスレットの素材・デザインが多様化しました。ライフスタイルや価値観に合わせて、お気に入りのものを見つけられるでしょう。

本作は、ダークブルーグリーンのダイアルと、6時位置の日付表示、レイルウェイ ミニッツトラックが組み合わされたデザインを採用。シンプルながらも味わい深い印象です。またムーブメントには、自動巻き式のマスター クロノメーター「キャリバー オメガ 8800」が搭載されています。

・駆動方式:機械式(自動巻き式)
・ケースサイズ:40.0×46.3×9.9mm
・ムーブメント:キャリバー オメガ 8800

オメガの時計を購入するならハラダ

オメガは、長年をかけて多くの時計愛好家が支持してきた歴史あるブランドです。今回紹介した4つのコレクションの人気モデルをチェックし、ぜひオメガの購入・プレゼントの参考にしてください。

オメガの腕時計を購入する際は、正規販売店のハラダにぜひご相談くださいませ。時計を長く愛用できるように、無料のアフターサポートとして腕時計の点検・調整サービスを提供しております。また、正規販売店として、オーバーホールを行う目安や、メーカーの正規サポートについてもご案内しております。

今回紹介したモデルに限らず、オメガの腕時計の購入を考えている方は、ぜひ創業90年の高級時計正規販売店HARADAのご利用をご検討ください。幅広い商品ラインナップの中から、きっとあなたにぴったりな1本を見つけられるでしょう。

オメガの商品一覧

この記事の監修

腕時計販売店 HARADA
腕時計販売店 HARADA
時計は単なる時間を知るためのツールではなく、個性やスタイルを表現する大切なアイテムであるという信念のもと、ハラダではお客様一人ひとりのライフスタイルに合った時計を提案し、長く愛用できる商品選びをサポートしています。

当ブログでは、最新の製品レビュー、メンテナンスのコツ、時計に関するトリビアなど、腕時計に関する多岐にわたる情報を提供しています。

腕時計に関する質問や相談がある場合には、いつでも気軽にお問い合わせくださいませ。
NO IMAGE