タイトルザ・シチズンの文字盤を俯瞰した画像

【2022春新作】ザ・シチズンの季節に合わせた
緑和紙文字盤モデル『 AQ4100-06W』をご紹介!

毎年、高度な技術と伝統工芸品を組み合わせ、芸術ともいえる1本を発表してきた、シチズン腕時計。2022年も、技術と伝統を掛け合わせたモデル、「Iconic Nature Collection」が発表されました。
このモデルは、四季の移り変わりに合わせて1本ずつ発表され、季節によって文字盤の色が異なります。
それぞれ世界限定250本のモデルとなっており、注目が集まっています。

そこで本記事では、「Iconic Nature Collection」の中でも、春モデルである「息吹ーIBUKI」をご紹介します。
緑色の文字盤が、冬の雪解け後の生命の喜びを表している1本です。気になる方は、ぜひ最後までお読みください。


 

 

【2022春ザシチズン新作】
緑和紙文字盤・年差±5秒の息吹ーIBUKIー

ザ・シチズンの文字盤をアップで見た様子

2022年、ザ・シチズンから新作限定モデルとして、「Iconic Nature Collection」が発表されました。
本モデルは、日本庭園に用いられる、「借景窓」がモチーフの腕時計。
文字盤に和紙をあしらったものであり、四季に合わせて4つのカラーが限定発売されます。
その中でも春に限定発売される新作が、緑和紙を文字盤にあしらった「息吹ーIBUKIー」です。

「息吹ーIBUKIー」の文字盤は緑であり、厳しい冬を乗り越えて、春と同時に芽吹く命の輝きをイメージしたカラーです。
生命の躍動を、伝統工芸品である土佐和紙の緑で忠実に表現。
さらに、LWG認定を受けたワニ革のストラップが、金属では出せない春の温かみを演出します。
また、年差±5秒のエコ・ドライブを採用。電池不要でありながら、確実に時を刻み続けるため、1年を通じて安心して身に付けられる一本です。

 

 

ザ・シチズン息吹ーIBUKIー AQ4100-06Wのスペック

ザ・シチズンのりゅうずをアップで見た様子

ザ・シチズン息吹ーIBUKIー(AQ4100-06W)のスペックは下記の通りです。

  • 価格:385,000円(税込)
  • 動力:光発電エコ・ドライブ
  • ±5秒/年
  • 持続時間:光発電1.5年(パワーセーブ作動時)
  • 重量:54g
  • 厚み:12.2mm
  • ケースサイズ:横38.3mm
  • ケース素材:スーパーチタニウム
  • ケース表面処理:デュラテクトプラチナ(ライトシルバー色)
  • バンド素材・タイプ:ワニ革、三ツ折れプッシュタイプ
  • バンド幅:19.0mm
  • バンド調整可能サイズ:150〜196mm
  • ガラス:デュアル球面サファイアガラス(クラリティ・コーティング)
  • 防水性能:10気圧防水
  • 耐磁性能:耐磁1種

【筆者の一言】
文字盤は繊細な技術で作られた和紙であるものの、ケース素材は非常に上部なスーパーチタニウム。
まさに日本古来の技術と最新技術の融合とも言える一本です。チタニウムの輝きで存在感と、陰影が落とされた落ち着いた和紙の文字盤のコラボレーションは、大人の落ち着きを演出。
明るさと落ち着きを両立した美しいデザインは、大人の上品さを演出すること間違いなし。
紳士を演出する腕時計が欲しい方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ザシチズン『息吹ーIBUKIーAQ4100-06W』の魅力

ザ・シチズンのケース全貌を俯瞰した様子

ここまで、「息吹ーIBUKIー」の情報やスペックなどについて解説しました。
ここまででも、「息吹ーIBUKIー」の魅力が垣間見えていたのではないでしょうか。
ここからは、ザ・シチズン春の新モデルである「息吹ーIBUKIー」の魅力について、深掘りをしていきます。

息吹ーIBUKIーAQ4100-06Wの魅力(1)
土佐和紙を用いた二重の文字盤が美しい陰影を演出

ザ・シチズンのケースを側面から見た様子

「息吹ーIBUKIー」が属する、「Iconic Nature Collection」の特徴は、伝統工芸品である土佐和紙を用いた美しい文字盤。
この土佐和紙は、世界で最も薄い紙とされている、「土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)」です。
また、和紙の風合いを最大限に活かすため、文字盤は二重構造。和紙にそのまま印刷するのではなく、上板を用いることで、本来の和紙の陰影が文字盤に落とされます。
繊細な紙が文字盤に美しい陰影を演出し、自然の温かさと落ち着きを表現しています。
この細やかなトーンの移り変わりは、金属などでは表現できないでしょう。

「息吹ーIBUKIー」は緑和紙を使用しており、厳しい冬を乗り越えた先の生命の喜びをモチーフとしています。
明るさの中に落ち着きを感じる文字盤は、多くの紳士に好まれるデザインであること間違いありません。

息吹ーIBUKIーAQ4100-06Wの魅力(2)
年差±5秒のエコ・ドライブ設計

ザ・シチズンのバンドを側面から見た様子

「息吹ーIBUKIー」は年差±5秒の、非常に正確性の高い一本です。
さらに、少ない光からでも充電を行い、動き続けるエコ・ドライブ設計。
シチズンが編み出した最高級の技術があしらわれています。
エコ・ドライブでは、一度充電が完了すると、暗闇でも長時間動き続けます。
そのため、こまめな電池交換の必要もありません。

また、文字盤が紙であり、常に光を通すためエコ・ドライブの性能が余すところなく発揮されます。正確に時を刻み続けてくれる最高の1本になること間違いありません。

ザシチズン「Iconic Nature Collection」からは季節に応じて、別モデルも展開

「息吹ーIBUKIー」が属する、「Iconic Nature Collection」からは、四季それぞれをイメージした4本が発売されます。発売されるモデルと、モチーフとなっている季節は下記の通りです。

  • 息吹:春
  • 紺碧:夏
  • 綾錦:秋
  • 静寂:冬

それぞれ、モチーフとなっている季節に合わせて文字盤の色が決められています。
また、色に合わせて「息吹」で使用されている「土佐典具帖紙」と、同じ土佐和紙の一つである「雲龍紙」を使い分けています。
これによって、季節に合った色と和紙に落とされる陰影を再現しているのです。

どの季節のモデルをとっても、和紙にしか表現できない繊細なテクスチャーや陰影、グラデーションが非常に魅力的です。それぞれの季節に発売されるモデルを、一度見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ザシチズン『息吹ーIBUKIーAQ4100-06W』の魅力

ザ・シチズンの文字盤を俯瞰した様子

本記事では、ザ・シチズンの2022年の新作である「Iconic Nature Collection」の一つ、「息吹ーIBUKIー」について解説しました。
このシリーズの腕時計は、世界で限定250本のモデルです。
伝統工芸品である土佐和紙とシチズン社が試行錯誤の末に開発した、最新の技術を詰め込んだ1本です。
ビジネスシーンではもちろんのこと、プライベートでも自然な存在感を示してくれることでしょう。
「息吹ーIBUKIー」は、春の生命の喜びを表した緑の文字盤が特徴的です。
少しでも気になった方は、ぜひシチズン至高の1本を手に取ってみてはいかがでしょうか。

オススメ記事を見る

企業紹介