グランドセイコーの9Fクォーツを紹介

【クォーツ式は後悔する?】
グランドセイコーの9Fクォーツをご紹介

国産ブランドの中でも、高級時計の位置付けが特に強いグランドセイコー。
その洗練されたデザインや機能性の良さから、一生モノの時計としての人気も集めています。
その一方で、機械式やスプリングドライブばかりが注目され、クォーツ式は買って後悔するという意見もあります。

結論からいうと、グランドセイコーのクォーツ式は買って後悔することがないと自信を持ってオススメできます。当記事ではグランドセイコーの誇るクォーツムーブメントを、後悔しない理由とともにご紹介します。

 

 

グランドセイコー、その誕生から独立まで

グランドセイコー、その誕生から独立まで

1960年台、初代グランドセイコーは世界に挑戦する国産最高級の腕時計というコンセプトのもと誕生しました。その挑戦の足がかりとして、当時世界最高峰であった天文台コンクールに出場し、わずか数年足らずでトップを狙えるまでに技術力を向上。そして今に至るまで、スプリングドライブに代表される数々の画期的技術を生み出し続け、現在の高級時計ブランドの地位にたどり着きました。

2017年、グランドセイコーはセイコーから独立。その「SEIKO」ロゴは文字板から姿を消すことになります。グランドセイコーは大手時計メーカーの高級モデルという立ち位置から、高級時計ブランドとして生まれ変わったのです。

ブランド理念は「THE NATURE OF TIME」
自然や四季の移ろいからインスピレーションを受ける感性と、時の本質に迫ろうとする匠の心意気を日本の精神性とし、世界有数のマニファクチュールが誇る高い技術力のもと、日々追求を続けています。

 

 

クォーツ式の常識を覆した「9Fクォーツ」

クォーツ式の常識を覆した「9Fクォーツ」

クォーツ式は、電圧をかけると規則的に振動する水晶振動子の特性を活かし、時計の調速を行うムーブメントのことを指します。
今回ご紹介するグランドセイコーのクォーツ式ムーブメントは「9Fクォーツ」と呼ばれ、「薄くて軽い」というクォーツ式のイメージを覆した革新的なムーブメントです。
この9Fクォーツは、自動組み立てが主流のなかで熟練の職人による手作業でないと組み立てられず、従来ではあり得なかった新機軸を多数搭載しています。

腕時計の本質を追求し続けたグランドセイコーの、ひとつの答えともいうべきムーブメントなのです。

 

 

9Fクォーツの後悔させない強み

さて、高級時計を買って後悔する理由は人によってさまざまだと思います。

値段、見た目の好みの違い、使う機会がない、性能、メンテナンス性、etc…

ここでは、性能面、機能面にテーマを絞って9Fクォーツの後悔させない強みをご紹介いたします。

 

 

3-1. 年差を誇る、他を圧倒する精度

9Fクォーツの強みといえば、真っ先にその精度の高さが挙げられるでしょう。
元来クォーツ式は機械式に比べ精度が高くなっていますが、精度時計の本質を求め続けたグランドセイコーのクォーツ9Fは世界最高峰とも言える精度を誇っています。
具体的に数値で表すと、一般的なクォーツ時計の誤差が1ヶ月に±20秒なのに対し、グランドセイコーのクォーツ9Fは”年”に10秒という圧倒的な精度を叩き出します。また、その精度を維持するために、歯車の衝撃を抑える機能や、水晶体の温度を測定、制御する機能、3針の独立など、さまざまな工夫が施されています。
グランドセイコーの9Fクォーツなら「正確さ」という面で後悔することはないでしょう。

 

 

3-2. 高いトルクが生みだす高性能・高機能性

高いトルクが生みだす高性能・高機能性

自分の買った高級時計が、従来の時計に比べ高性能であればあるほど後悔は避けられるでしょう。
その点で言えば、9Fクォーツは数々の新基軸を搭載し高い性能と機能性を誇っています。その中心にあるのが、「ツインパルス制御モーター」と呼ばれる強力なモーターです。
このパワフルなモーターを採用することにより9Fクォーツは、クォーツ式でありながらも機械式に引けを取らないトルクを持ち、象徴的な重厚感ある針の駆動を可能にしています。

機械式に引けを取らないトルク

機能面でもその強いトルクは生かされています。それが顕著に出ているのが瞬時に切り替わる「瞬間日送りカレンダー」の搭載です。これはトルクの弱いクォーツ式では前例のないものになっており、9Fクォーツの新機軸の象徴とも言える機構になっています。

優れたモーターにより生まれたさまざまな新機軸が搭載された9Fクォーツは、前述の精度も加え、後悔させない性能を持ち合わせていると言えるでしょう。

 

 

3-3. 省電力が活きるメンテナンス性

省電力が活きるメンテナンス性

高級時計に不可欠なメンテナンスですが、クォーツ式は特に気にしなければなりません。
一般的にぜんまいで動く機械式と違い、クォーツ式は電力で駆動するため電池交換が必要だからです。また、その頻度や値段が仇になり後悔する理由になってしまいがちです。(ソーラー発電式なら別ですが)
その点、9Fクォーツのメンテナンス性は他のクォーツ式に比べ、非常に優れています。理由として、その省電力性が挙げられます。従来のクォーツ時計に比べ高いパワーと精度をもつ9Fクォーツですが、その消費電力は極限にまで抑えられています。結果、そのパワーリザーブは3年という高水準のものになっており、電池交換の頻度をかなり少なくしています。
その甲斐あって、高級時計には不可欠なオーバーホールのタイミングまで電池交換の必要がなく、機械式とメンテナンスの頻度は変わりません。また、オーバーホールのコストも機械式より比較的安価なので出費も抑えられます

省電力が活きるメンテナンス性

そして、9Fクォーツのメンテナンス性は「緩急スイッチ」の搭載により、さらに高いものになっています。
これは、長年使うと出てくる「時計の癖」を見抜き精度を微調整する、長年愛用する高級時計にはうってつけとも言える機能です。
もちろん、品質が約束された最上級の水晶振動子を使用している9Fクォーツには、精度を調整する必要はほとんどありません。これは、グランドセイコーらしいの心配りが形になったものだと言えます。

 

 

オススメの後悔しないクォーツ9Fモデル

ここで、当店スタッフが独断と偏見で選んだ、グランドセイコーのオススメ9Fクォーツモデルをご紹介します。


王道を征く、「らしさ」全開のモデル
「SBGP013」

SBGP013

グランドセイコーの伝統的なデザインコンセプトを受け継いだ「ヘリテイジ」シリーズのうちの1本です。グランドセイコーが掲げる時計の本質の追求が意識されており、視認性を重視した、シチュエーションを選ばないデザインを採用。他の針を動かさずに時針だけを動かす時差修正機能を搭載することで、海外でもその高い精度を失わずに着用できます。伝統の様式と最先端の技術が合わさった、機能美あふれる1本です。


ブランドカラーが美しい限定スポーツモデル
「SBGP015」

SBGP015

グランドセイコーの人気シリーズライン「スポーツ」に新しく加わった、60周年記念限定モデルです。グランドセイコーのブランドカラーである紺色のダイヤルが使われ、ぺゼルもダイヤルの色に合わせたデザインが採用されています。スポーツウォッチとしての機能も充実しており、耐磁性能や防水機能が搭載されています。ビジネスでもアクティブなシーンでも使える逸品です。


シックな手元にダイヤが光るレディースモデル
「STGF289」

STGF289

高級感あふれるシリーズライン「エレガンス」の1本。シックで落ち着いたデザインで、どんなシーンでも着用できる26mmの小ぶりなレディースモデルです。落ち着いたデザインを邪魔しない上品な輝きを見せるダイヤは、時計の視認性を向上させる役割も担っています。生活防水機能も搭載しており、オンオフ問わずに愛用できるクォーツモデルです。


 

 

まとめ 「グランドセイコーのクォーツ9Fは後悔させない」

まとめ 「グランドセイコーのクォーツ9Fは後悔させない」

今回はグランドセイコーの9Fクォーツの性能がいかに優れているかをご紹介しました。
多機能性や、世界最高峰の精度を持つ9Fクォーツは、まさにクォーツ式の最高峰といえます。
ぜひ、あなたの後悔しない時計選びの参考にしてください。

グランドセイコー その他のムーブメント

コンテンツを見る

企業紹介

ブランドから探す

コンテンツを見る