title

【グランドセイコー SBGA211 SBGA011】
一番人気モデル「雪白」の魅力を再確認!

腕時計の本質に迫るデザイン、匠の技で表現される独自の審美感で、国内外問わず高い人気を誇る日本のウォッチブランド、グランドセイコー。複雑機構であるコンスタントフォースとトゥールビヨンを組み合わせた「T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン」を生み出すなど、その技術力は世界が認めるところとなリました。

310.30.42.50.01.001

さて、名だたるブランドがどんなに技術力を注ぎ込んで生み出したコレクションであっても、基本的にどこかのタイミングでディスコン、つまり廃盤を迎える可能性があるのは仕方のないことだと思います。特に、一年に何本も新作モデルをリリースするようなブランドは入れ替わりが激しく、いつの間にかカタログから探している型番が消えてるなんてことも。

もちろんグランドセイコーも例外ではなく、新設計のムーブメントの登場や仕様変更に伴い廃盤となったモデルがいくつもあります。

しかしそんな中、10年以上グランドセイコーの一線級に君臨し続けるモデルがあるのをご存知でしょうか。

それこそが、ご存知SBGA211(または先行機のSBGA011)。通称「雪白」と呼ばれるスプリングドライブモデルです。

当記事では、もはや定番中の定番と呼ばれるようになったこの「雪白」モデルの人気のワケを、今一度振り返ってご紹介したいと思います。

ちなみに、「雪白」とかくと「ゆきじろ」であったり「せっぱく」と読まれがちですが、このモデルに関しては、「ゆきしろ」と読みます。

 

 

雪白文字盤モデルの歴史。SBGA211とSBGA011

  • Grand Seiko Heritage Collection
    スプリングドライブ
    マスターショップ限定モデル

    SBGA211
    682,000円(税込)

  • SBGA211

グランドセイコーのコレクションに初めて雪白文字盤を使ったモデルが誕生したのは2005年。スプリングドライブが誕生した翌年にリリースされた「SBGA011」がその第一作目です。

Yukishiro

そのデザインコンセプトは、グランドセイコー誕生の地である信州の景観。

ムーブメントの輪列や軸受で隆々とした穂高連峰を、ダイヤルでそこに降り積もった雪を表現し、グランドセイコーの底知れぬ審美感を体現する一本として大いに人気を集めました。

その後、セイコーからのブランド独立に際しSBGA011は廃盤となり、わたしたちがよく知るところである「SBGA211」として再リリースされることとなります。

もちろん、再リリースと言ってもその違いは微々たるもので「SEIKO」のロゴが廃されただけ。他は材質から腕時計全体の重さに至るまで全く同じもので、むしろ、盤面のロゴが占める割合が減ったことにより、さらに文字盤の美しさが強調されるという利点がありました。

banmen

こうして、SBGA011およびSBGA211は誕生から今日に至るまで人気を集め続け、15年以上経った今では世界的に最も人気のあるコレクションとなったのです。

現代ではその人気から、日本では「雪白」、海外では「スノーフレーク」という愛称も付けられるまでに至りました。

では、なぜここまで雪白文字盤モデルが人気を集めたのか、その人気のワケを隅々まで注目して、探っていこうと思います。

 

 

信州に降り積もった雪を再現した文字盤

まずは、その最たる特徴である雪白文字盤についてご紹介していきましょう。

そもそも、腕時計において白色の文字盤というのは定番中の定番であり、ビジネスからカジュアルまで使いやすいカラーリングです。しかし、オシャレというより無難という印象のある白文字盤は、腕時計にちょっとした個性、こだわりを演出したい人からすると選ばれにくい色であるのも確かです。

そんな人たちのニーズにかっちりとハマるのがこの雪白文字盤なのです。

moyou

雪白文字盤はただ白いだけの文字盤ではなく、非常に細かい凹凸によるディテールが刻まれています。これは山肌に降り積もった雪原に強い風が吹くことによる風紋を表しており、他にない個性を盤上に演出しています。

 

seizou

この風紋の表現は熟練の職人が削り込んだ金型を、文字盤の原型となる真鍮にプレスすることによって作られます。要は先にディテールを刻んでから文字盤を白くしているわけですね。

しかし、この白く染め上げるという工程が難関でした。ただ塗料で白く塗ればいいだけのようにも思えますが、こと雪白文字盤に限ってはそうはいかなかったのです。

当たり前のような話ですが、文字盤を白色に塗ると塗料がのってその厚みが増します。フラットな文字盤であればそこから磨き上げることでなめらかな表面を作り出せますが、雪白文字盤の場合せっかくプレス加工したディテールが塗料によって埋まってしまい、雪白らしさが損なわれてしまうのです。

これには当時雪白文字盤の開発にあたっていたグランドセイコーの匠たちを悩ませました。

そこで考え出されたのが、銀めっきの使用による文字盤の白色化でした。
銀めっきは可視光の反射率が非常に優れているため、表面に光沢がなければ白く光を反射します。ここに匠たちは突破口を見出しました。

moyou

結果的にこの試みは成功し、匠たちはミクロン単位まで薄く銀めっきをすることによりテクスチャーを残したまま文字盤を白く染め上げることに成功しました。

また、この凹凸は視覚的に立体感を与えると同時に光の当たる表面性を増やす効果もあり、結果的により白く見える文字盤が完成したのです。

こうして、白を使わない純白の文字盤はグランドセイコーの匠の技の象徴として、手元に個性を表現できるモデルとして長く愛されることとなりました。

ちなみにグランドセイコーによると、1971年にリリースされていた「56GS」とその文字盤の型打ちサンプルが雪白文字盤の誕生のきっかけだそうです。

56GS

 

 

隠れた名脇役、ブルースチールの秒針

blue_1

さて、この腕時計の美意識を作り出すのは何も文字盤だけではありません。信州の荘厳な雪景色、その表現を高める意匠がもう一つ組み込まれています。

それが、ブルースチールの秒針です。

青色の秒針はクラシカルな時計によく用いられる、なんてことのない意匠のようにも感じられますが、この雪白文字盤に限り、強いシナジー効果を生み出します。

例えば、あなたが広大な雪原を思い浮かべる時、頭上にはどんな空が広がっているでしょうか。おそらく、一点の曇りのない青空を想像するのではないでしょうか。それほど白色と青色は最高の相性を誇ります。

SBGA211はその抜群の相性にスプリングドライブのスイープ運針を加え、盤面に信州の雪景色を見事に作り上げたのです。

blue_2

ちなみに、この秒針も雪白文字盤と同じく、その色合いに塗料を使用していません。見事に焼き上げたブルースチールによって青い秒針を作り上げているのです。

ブルースチールはその名の通り青焼きをしたスチールです。

青焼きとは
焼き入れしたスチールをゆっくりと加熱すると表面に酸化皮膜が生じ、硬さや粘りの変化とともに全体が特定の色に覆われます。この時、大体300度ぐらいで加熱すると錆びにくく強い材質となり、綺麗な青色に染まります。これを青焼きといいます。

もちろん原理がわかったとしても青焼きは簡単にできるものではありません。わずかな温度の違いで色の仕上がりは変化してしまうため、1mmにも満たない太さの秒針に焼きを入れるのはかなりの技術を要することでしょう。

このブルースチールの秒針もまた、グランドセイコーの技術力の高さを象徴していることがお分かりいただけると思います。

 

 

美しい1秒を刻むスプリングドライブ

Cal.9R65

グランドセイコーの生み出した独自ムーブメント、スプリングドライブ。

このブランドの象徴とも言えるスプリングドライブが、数ある雪白文字盤モデルには必ず採用されているのはご存知でしょうか?

雪白文字盤モデルをインターネットで調べると、廃盤や限定、色違いも含めたくさんのコレクションがヒットします。実は、その全てのムーブメントにスプリングドライブが採用されているのです。これは雪白文字盤とスプリングドライブの相性の良さを、グランドセイコーが暗に示しているのかもしれません。

そんなスプリングドライブですが、簡潔にその構造を説明すると、機械式時計とクォーツ式時計のハイブリッドと言えるでしょう。クォーツの振動数をもとにゼンマイの解ける速度を調整し、秒針が正しく1秒を刻めるようにします。この機構によって、スプリングドライブはぜんまい駆動としては異例の精度を実現したのです。

重要なのは、このスプリングドライブの運針がスイープ運針であるということです。スプリングドライブは、クォーツ式時計のように1秒ずつ刻むわけでなく、かといって機械式のように1秒を細かく刻むこともありません。文字盤の上で止まることなく滑るように進むのです。この運針はこの時計の持つ情緒を加速し、雪原の上をゆっくりと流れる時間を象徴しているかのように思わせます。

まさしくこれが、雪白文字盤とスプリングドライブが切り離せない理由と言えるでしょう。

こちらの動画でスイープ運針を見ることができます。

スプリングドライブについて詳しくはこちらのページもご覧ください。

spring

【仕組みは?クォーツ式、機械式との違いは?】グランドセイコーの9Rスプリングドライブをご紹介

 

 

強く、軽く、美しいケース

titan

デザイン面以外でSBGA211が選ばれる理由を考えるなら、ブライトチタンをケース素材に採用している点が挙げられるでしょう。このブライトチタンは、軽く、腐食しにくく、傷がつきにくいという性質を備えており、アクティブなビジネスマンや、カジュアルファッションでも使いやすい素材となっています。

このブライトチタンの軽やかさは、スプリングドライブというムーブメントとも相性抜群なのはお気づきでしょうか。

スプリングドライブはグランドセイコーの技術力の結実ともいうべくムーブメントですが、他のムーブメントに比べて厚いという欠点があります。この厚さのためにケースが大きくなり腕時計の重量は重くなりがちですが、素材にブライトチタンを用いれば、その問題を解決できます。

実際、このSBGA211の重さは脅威の100g。他のステンレススチールモデルと比べ非常に軽やかに扱うことができます。

titan2

高級時計を気軽に使いたい。そんな着用者の願いに叶えてくれるのが、このブライトチタンではないでしょうか。

 

 

まとめ

ここまでSBGA211の人気の理由を、搭載ムーブメント、素材、そのデザインからご紹介しましたが、一番はこのSBGA211の完成度の高さゆえだと思います。

燦然と輝く腕時計を追求するデザインと実用性、デイト機能のみというドレッシーさ、使われている素材から針の一本に至るまで、その全てがこだわり抜かれ、最高の相性を生み出していると言って良いでしょう。

ぜひあなたもグランドセイコーの誇る傑作を手に取り、ロングセラーのワケを実感していただけると幸いです。

より詳細なスペック等はこちらでご紹介しております。

SBGA211

【グランドセイコー スプリングドライブ SBGA211】通称"スノーフレーク"雪白文字板モデルをご紹介

オススメ記事を見る

企業紹介