【グランドセイコー メカニカル SLGH005 白樺】世界が認めたグランドセイコーの傑作モデルをご紹介

【グランドセイコー メカニカル SLGH005 白樺】
世界が認めたグランドセイコーの傑作モデルをご紹介

優れた技術力を持って独自の審美感を演出し、「時間」という概念の流れゆく美しさで日本らしい時計づくりを展開するグランドセイコー。

そんなグランドセイコーが、2020年に新たに打ち出したデザインコンセプトが「エボリューション9スタイル」です。このデザインコンセプトは今のところ上位モデルから徐々に採用されつつあり、グランドセイコーの次なる時代の到来を予感させます。

さて、そんな「エボリューション9スタイル」の代表的モデルといえば、もはやファンの中でおなじみとなった、通称「白樺」と呼ばれるメカニカルハイビートモデル「SLGH005」でしょう。
2021年発売のこのモデルは、時計界のアカデミー賞と呼ばれるGPHG(ジュネーブウォッチグランプリ)のメンズウォッチ部門を受賞した世界も認める逸品であり、今なお世界中で品切れ続出の大人気モデルです。

最近ではかの有名な日本人メジャーリーガー、大谷翔平選手に贈与されたことでも大きな話題を呼びました。

当記事ではそんなSLGH005について(今更ではありますが)正規販売店であるハラダがご紹介いたします。

 

 

グランドセイコーSLGH005「白樺モデル」の外装・デザイン

画像はクリックで高画質版が拡大表示されます。

荘厳な白樺林をモチーフにした型打ちダイヤル

型打ちで白樺を表現したSLGH005の文字盤の写真

人気の雪白文字盤モデル「SBGA211」と同様に型打ちダイヤルが採用された本モデル。

そのダイヤルには大胆な型打ちで輝きと陰影が巧みに表現されており、まさに「エボリューション9スタイル」を体現するデザインとなっています。

モチーフはグランドセイコースタジオのある雫石の白樺林であり、繊細に刻まれた凸凹によって形作られる光と影で、冬の白樺林の穏やかさと荒々しさの共存をうまく表現しています。

これまでにもグランドセイコーは「信州 時の匠工房」や「グランドセイコースタジオ雫石」の周囲に広がる自然の景観を匠の技で表現してきました。
今回の白樺ダイヤルはそのグランドセイコーらしい審美感の進化、まさに「エボリューション」と呼ぶにふさわしいモデルと言えるでしょう。

台に置いたSLGH005を左下から撮った写真

 

袖口にも収まる驚くほど薄型のケース

腕につけたSLGH005の薄さを確認している写真

一般的なグランドセイコーのメカニカルモデルは厚さ13mmを超えるものがほとんどで、ましてや本モデルと同じハイビートモデルであれば14mmを超えることはザラにあります。

しかし、今回のSLGH005をひと目見ればその常識破りの薄さに驚いてしまうでしょう。
それもそのはず、メカニカルモデルの最高峰に位置する性能を誇る本モデルはなんと厚さ11.7mm。手巻式モデルと変わらないくらいの薄さが実現しています。

この薄さを生み出しているのが、厚みを抑えられた裏ぶたと優美なカーブを描くケース。
手首に沿うようなラインのケースは薄さも相まって最上級の付け心地を誇ります。

りゅうず方向から見たSLGH005の薄さの写真

表面仕上げはヘアラインと鏡面加工を巧みに組み合わせたメリハリのある仕上げとなっており、薄いながらも立体感を発揮し確かな存在感を演出。飾らずに機能美で魅せるグランドセイコーらしいフォルムが完成しています。

この機能美こそ、グランドセイコーが飽きのこない腕時計と呼ばれる理由でしょう。

 

グランドセイコー王道のスタイルを進化させた針・インデックス

SLGH005の針・インデックスのズーム写真

「エボリューション9スタイル」がデザインに取り入れられたモデルには全て同系統の針が採用されています。堂々とした角形の短針にすることで長針との見間違いをなくしており、多面カットで文字盤とのギャップによる視認性を獲得。
秒針には雪白文字盤モデルでも盤面を彩っていたブルースチールが採用されており、白樺林の切れ間からのぞく青空を思わせます。

インデックスには深い溝を入れた多面カットのものが使われており、従来のインデックスより視認性に重点が置かれています。特に、アイコニックな12時位置のインデックスは他の2倍の太さにすることでダイナミックさを演出。

 

スポーティさえ感じる幅広ブレスレット

SLGH005の幅広ブレスレットを手前から見た写真

ブレスレットにはかん幅からバックルまでほとんど幅の差がないものが使われています。

「エボリューション9スタイル」の特徴として腕時計の手元への装着感が見直されており、全体の重心を低くし幅広のブレスレットを採用することでガッチリとした手首への巻き付きを実現しています。

バックルは実用性の高いワンプッシュ3つ折れのものが採用されました。

SLGH005の3つ折れバックル

 

 

グランドセイコーSLGH005「白樺モデル」のムーブメント・機能

60周年記念に誕生の革新的ムーブメント
「Cal.9SA5」

SLGH005のムーブメントCal.9SA5の画像

本モデルのムーブメントには、グランドセイコーの60周年を記念し誕生したメカニカルムーブメントCal.9SA5が搭載されています。

マイクロ単位の精密な部品で構成されるデュアルインパルス脱進機やツインバレルの搭載によってその性能は圧巻の一言。

安定した高精度を生み出す10振動でありながら、従来の機械式のパワーリザーブを超える80時間持続を実現しています。

SLGH005の文字盤のロゴ写真

そのほかにも安定した精度を作り出すブランド独自の巻上ひげであったり、安定した精度と部品の耐久性を兼ね備えるフリースプラングテンプを採用することで、9Sメカニカルの中でも最高峰の性能を有するムーブメントとなっています。

Cal.9SA5のフリースプラングテンプの画像

加えてこれだけ高性能のムーブメントながら、構成部品にMEMS(微細加工技術)を用いたことでその薄さは9Sメカニカル史上過去に類を見ないものとなりました。

Cal.9SA5を側面から見た薄さがわかる画像

 

瞬間日送りカレンダー

SLGH005のカレンダーの写真

グランドセイコーがこれまでに9Fクォーツにしか採用してこなかった瞬間日送り機構が、9Sメカニカルとして初搭載されました。

もちろん自動巻のように格段に腕時計が便利になる機能というわけではありませんが、最高峰ムーブメントには一分の隙も見せたくないという、グランドセイコーのこだわりが感じられる機能と言えるでしょう。

 

シースルーバックからのぞく美しい背面

Cal.9SA5をシースルーバックから見ている画像

本モデルはシースルーバックからのぞくムーブメントの背面にも注目です。

グランドセイコーの60周年記念ムーブメントの設計にはデザイナーが構想段階から関わっており、まさに芸術品とも呼べるようなディテールのムーブメントが完成しています。

分解せずともシースルーバックから楽しむことのできる稜線にも似た美しい流線形は、60周年記念ムーブメント搭載機の数ある魅力の一つとなっています。

 

 

グランドセイコーSLGH005「白樺モデル」の特徴的なデザイン

グランドセイコーの一般的なモデルの紹介であればここで終わりですが、今やグランドセイコーの中でもトップクラスの人気を誇る「SLGH005」ということでもう少し深掘りして紹介いたします。

愛称でもある「白樺」の文字盤について

モチーフとなった雫石の白樺林の写真

本モデルのダイヤルは、グランドセイコーの機械式時計が作られる「グランドセイコースタジオ 雫石」近くの日本有数の白樺林がモチーフとなっています。

澄んだ空気の中で白樺が幾重にも林立するその様はまさに絶景の一言であり、このモデルにはその力強さや美しさが大胆な型打ちと繊細なカラーリングで巧みに表現されました。

縦に置いたSLGH005を上から撮った写真

また、銀文字版と言えば腕時計の中でも定番中の定番ですが、グランドセイコーは型打ちによる光と影の使い分けだけで、ただの銀文字盤に最高峰の個性を実現したと言えるでしょう。

ちなみに超人気モデルである「SBGA211」は”雪白”、”スノーフレーク”の愛称(ペットネーム)で親しまれていますが、この白樺モデルは”白樺”、”White Birch”の愛称が付けられています。

愛称が付けられるようなモデルは時計業界で見てもそう多くはなく、こういったところからも「SLGH005」の人気が推し計れますね。

 

新たなデザイン文法「エボリューション9スタイル」とは

置いたSLGH005を斜めから撮った写真

ブランドの60周年を記念し誕生した、グランドセイコーの次なる時代を見据える新たなデザイン文法、それが「エボリューション9スタイル」です。

従来のグランドセイコーのデザイン文法「セイコースタイル」を継承しながらも、新しく「光と陰の間の美」をコンセプトに導入することで日本らしい感性の獲得と実用性の向上を図っています。

また、名前にもあるとおりそのコンセプトは「進化」となっており、審美性、視認性、装着性がより洗練。
「正確で、見やすく、美しく、永く使える日本の腕時計」というグランドセイコー理想の腕時計を実現しています。

 

 

グランドセイコーSLGH005「白樺モデル」の受賞歴
大谷翔平選手へも贈呈!

時計界のアカデミー賞「GPHG」のメンズウォッチ部門賞受賞!

SLGH005を見上げるように撮っている写真

SLGH005は時計界のアカデミー賞と称されるジュネーブ時計グランプリ(略称GPHG)において、2021年度の「メンズウォッチ」部門賞を獲得。名実ともに世界に認められたタイムピースとなりました。

実はグランドセイコーは2014年にもハイビートメカニカルモデルで「小さな針」部門での受賞経験があり、これで2度目の受賞となります。

デザインだけでなく、腕時計全体の魅力を評価する賞であるジュネーブ時計グランプリの受賞は、このモデルの持つ審美性と性能の両方が世界的に見ても優れていることの証明と言えるでしょう。

お馴染み、グッドデザイン賞受賞!

グットデザイン賞のロゴとSLGH005の画像

国内では名の知れたアワードであるグッドデザイン賞も2021年にSLGH005は獲得しています。

何らかの思想や目的を果たすために築いたものを何でもデザインと捉え、その質を評価するグッドデザイン賞。
「理想の腕時計」を追求するグランドセイコーの目的と面白いほどに噛み合っており、実際グランドセイコーはこのグッドデザイン賞を過去に何度も受賞しています。

メジャーリーグMVP受賞を祝し大谷翔平選手へ贈呈

2021年度MLBア・リーグにてMVPを獲得した大谷翔平選手を称え、グランドセイコーから本機「SLGH005」が贈呈されました。
実はSLGH005と同じく岩手県を出身とする大谷翔平選手。名実ともに優れたプレイヤーの手元で、同じく名実ともに評価された「白樺」モデルが時を刻むのは必然なのかもしれません。

 

 

2022年発売 スプリングドライブ9RA5搭載の新作「SLGA009」

SLGA009を腕に着けている写真

2022年発売のグランドセイコー新作モデルとして、スプリングドライブ搭載の白樺モデル「SLGA009」が発表されました。

メカニカルモデルで高い評価を得たその面立ち、デザインコードはそのままに、内部ムーブメントに60周年記念スプリングドライブムーブメント「Cal.9RA2」を搭載した、グランドセイコーファン垂涎のモデルとなっています。

SLGA009の盤面にズームした写真

その実用性は従来のモデルと一線を画しており、脅威の120時間パワーリザーブを実現しながらもスプリングドライブの欠点の一つでもある厚さを11.8mmにまで抑えた、スプリングドライブの常識を覆すモデルです。

シースルーバックから9RA2を覗いている写真

ちなみに両モデルで文字盤が同じように見えますが、実は型打ちにしっかりと差がつけられています。こうやって並べてみると一目瞭然ではないでしょうか。

SLGA009とSLGH005の文字盤比較画像
左がスプリングドライブSLGA009、右がメカニカルSLGH005。

SLGA009について詳しくはこちらのページも参考にしてみてください。

 

GrandSeiko×AJHH グランドセイコーフェア開催
市川海老蔵氏セレクト レザーストラッププレゼント

SLGA009と青色レザーストラップを写している画像

2022年2月1日(火)〜3月31日(木)の間、「GrandSeiko×AJHH グランドセイコーフェア」を開催しております。
今回は市川海老蔵氏とのコラボレーションが実現!同氏がこの「SLGA009」に向けてプロデュースした特別レザーストラップが誕生しました。

当フェア期間内にSLGA009をご購入のお客さまには、こちらの「市川海老蔵セレクト レザーストラップ」をプレゼントいたします。

※2022年1月中にSLGA009をご予約されたお客様もプレゼントの対象となります。
※数量には限りがございます。

 

 

「名実ともにグランドセイコーの最高峰。皆が羨む決定版モデル」
SLGH005「白樺モデル」の魅力

言わずと知れた2021年を代表するグランドセイコーの名機、通称白樺モデルこと「SLGH005」。

その魅力はデザインから中身のムーブメントに至るまで満載であり、まだまだ語り切ることはできません。

世界的な品薄で手に入れにくい一本ですが、ぜひ一度手に取ってみて世界が認めた傑作を体感してみてください!

 

こんな人にオススメ!

  • 名実ともに優れる逸品が欲しい方
  • 文字盤に並々ならぬ個性を求める方
  • 持っていることを誇れる一本が欲しい方

 

 

グランドセイコーSLGH005
「白樺モデル」詳細スペック・値段

外装

外装 ステンレス 裏ぶた:ステンレスとサファイアガラス
ガラス材質 ボックス型サファイア
コーティング 内面無反射コーティング
ケースサイズ 横 40.0mm × 縦 47.0mm × 厚さ 11.7mm
腕周り長さ(最長) 190mm
中留 ワンプッシュ三つ折れ方式

ムーブメント

ムーブメント 9SA5
駆動方式 メカニカル 自動巻(手巻つき)
駆動時間 最大巻上時約80時間持続
精度 静的精度:平均日差+5秒〜-3秒(携帯精度:平均日差+8秒〜-1秒)

機能

防水 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁 あり
重さ 178.0g
その他 ・シースルーバック
・スクリューバック
・ねじロック式りゅうず
・カレンダー(日付)機能つき
・秒針停止機能
・裏ぶた獅子の紋章つき

 

よく読まれているグランドセイコーの記事はコチラ

【グランドセイコー SBGA211】純白に染め上げた通称「雪白」モデルをご紹介

【グランドセイコー SBGA211】純白に染め上げた通称「雪白」モデルをご紹介

【グランドセイコー SBGJ237】 青と白のベゼルが輝くメカニカルハイビートをご紹介

【グランドセイコー SBGJ237】 青と白のベゼルが輝くメカニカルハイビートをご紹介

【グランドセイコー SLGA009搭載ムーブメント】白樺スプリングドライブの心臓「Cal.9RA2」をご紹介

【グランドセイコー SLGA009搭載ムーブメント】白樺スプリングドライブの心臓「Cal.9RA2」をご紹介

【グランドセイコー SBGE248】ブルーと18Kゴールドがマッチしたラグスポモデルをご紹介

【グランドセイコー SBGE248】ブルーと18Kゴールドがマッチしたラグスポモデルをご紹介

【実用性抜群】大人の色気を醸し出すグランドセイコーSBGC201

【実用性抜群】大人の色気を醸し出すグランドセイコーSBGC201

【グランドセイコー メカニカル SLGH005】 世界が認めた白樺モチーフのグランドセイコーをご紹介

【グランドセイコー メカニカル SLGH005】 世界が認めた白樺モチーフのグランドセイコーをご紹介

企業紹介