グランドセイコー

一生モノの時計に
グランドセイコーという選択を

仕事でベテランと呼ばれるようになり責任のある役職も与えられ、安定した収入を得られるようになってきたら、社会人として身につけるものもグレードアップすべきタイミングと言えるでしょう。そのためにはまず一生モノの時計を買うことがオススメです。

これからの人生ずっと着ける時計ならば、高級感があって何年後につけても格好いいものがいいですよね。

そこで当記事では一生モノの時計としてオススメなグランドセイコーを紹介します。あなたの生涯のパートナー選びにぜひ役立ててください。

 

 

グランドセイコーの歴史

グランドセイコーの歴史


1960年台、初代グランドセイコーは「世界に挑戦する国産最高級の腕時計」というコンセプトのもと誕生しました。

その挑戦の足がかりとして、グランドセイコーは当時世界最高峰であった天文台コンクールに出場し、わずか数年足らずでトップを狙えるまでに技術力を向上させました。そのコンクールはグランドセイコーがトップを取らないために廃止されたと言われており、その技術力によりグランドセイコーはスイスが独占していた機械式時計市場をわずか10年足らずでひっくり返してしまったのです。

その後、グランドセイコーは機械式はもちろんクオーツ時計や、革新的技術であるスプリングドライブ等を搭載した画期的モデルを生み出し続け、今の高級時計ブランドの地位に辿り着きました。

では、なぜグランドセイコーが一生モノの時計としてふさわしいのか、3つのポイントをあげて紹介します。

  • SBGA439
  • [ Grand Seiko Sport Collection ]
    グランドセイコー誕生60周年記念限定モデル
    数量限定2000本

    SBGA439
    440,000円(税込)

    今すぐ手に入れる

 

 

1.受け継がれてきたデザイン

受け継がれてきたデザイン


一生モノの時計として重要なのはデザインです。独特なデザイン、奇抜な文字盤の時計はたしかに個性的でオシャレと言えますが、20年後30年後になって着けると違和感を感じるかもしれません。

その点グランドセイコーは、1967年に確立された「セイコースタイル」という理念のもとに一貫してデザインされており、何年経っても揺るぎない美しさとカッコよさを維持し続けています。

グランドセイコーは「正確さ」「美しさ」「時間の見やすさ」「使いやすさ」そして「長く愛用できること」を時計の本質として考え、セイコースタイルを確立させました。
セイコースタイルが生み出す洗練された文字盤のデザインや各部に施された美しい鏡面加工は、一生モノの時計としてグランドセイコーがふさわしいものだと感じさせます。

 

 

2.日本最高峰の精度

日本最高峰の精度


一生使っていく時計ならなるべく高精度のものがいいですよね。かといって精度が優れている電波デジタル式時計は一生モノとしてふさわしいのか…。そんな悩みを解決するのがグランドセイコーです。

グランドセイコーの特徴としてその優れた精度が挙げられます。
国産最高峰メーカーの技術力は半端ではなく、機械式時計は独自の極めて高水準な規格のもと設計されており、クオーツ時計に至っては”年”差10秒という凄まじい精度のものが発表されています。一般的なクオーツ時計の精度は”月”差20秒と言われており、メーカーの技術力が頭ひとつ飛び抜けていることがわかります。

また、グランドセイコー独自の技術である「スプリングドライブ」は機械式とクオーツ式のハイブリッドであり、平均”日”差30秒である機械式時計としては異例の精度、平均”月”差±10秒という数値を実現します。

あなたの人生の正確な1秒を刻む機械式時計はグランドセイコーをおいて他にないと言えるでしょう。

 

 

3.実力に裏付けられたブランド力

実力に裏付けられたブランド力


一生持つ時計なら人に自慢できるような、ブランド力が高い時計を選びたいものです。実はグランドセイコーは、その技術力、時計の本質を求め続ける姿勢が注目され日本だけでなく世界中で名を馳せているブランドなのです。

世界的にも稀なマニュファクチュール(自社一貫製造)や、自動化できない熟練の技術者による組み立ては日本ならではのものづくりであり世界中で高い評価を受けています。

日本ブランドで最も資産価値があるメーカーとも言われており、持っていることに誇りを感じられる時計がグランドセイコーなのです。

 

 

番外編:20代の方にも

もちろん20代の方にもグランドセイコーはおすすめできるブランドです。

地味という印象が強く、上司がつけているイメージがありますが、スタイリッシュなデザインのものもあり、機械的に優秀なグランドセイコーは上司から一目置かれる時計であると言えるでしょう。
20万円台のものもあるので、最初の高級時計としての選択もアリかもしれません。

  • SBGX261
  • [Grand Seiko Heritage Collection]
    小さめのケースが袖口に
    しっくりと収まるクォーツモデル

    SBGX261
    253,000円(税込)

    今すぐ手に入れる

 

 

まとめ

いかがでしたか。一生モノの時計選びは選択肢が多く難しいですが、グランドセイコーなら後悔せず生涯のパートナーとしてあなたに寄り添ってくれることでしょう。

コンテンツを見る

企業紹介

ブランドから探す

コンテンツを見る