ミッレミリアの文字盤を正面から写した画像

ショパールはどんなウォッチブランド?個性あるラグジュアリースポーツウォッチも魅力

ジュエラーとしても有名なウォッチブランド「ショパール(CHOPARD)」は、巧みな技術と情熱を、160年以上受け継いできた老舗ブランドです。

生きる喜びをテーマに作りだされる独創的なデザインやモチーフは、人々の心を掴み、各国の著名人も愛用しています。

そんな世界でも認められる老舗ブランド、ショパールは、どのようにしてウォッチメゾンとして発展していったのか。

本記事では、ウォッチブランドとしてのショパールの歩みと、主力シリーズについてご紹介していきます。

 

 

ブランド紹介_ウォッチブランド「ショパール」|これまでの歴史

車をバックにしたミッレミリアの画像

1860年、スイスのジュラ山脈にあるソンヴェリエの工房から始まったショパール。
24歳という若さで時計職人として秀でた才能を開花させたイ−ユリス・ショパールにより創業されました。
彼が作り上げる、まるで芸術作品のような斬新な腕時計は、瞬く間に世界に知れ渡っていきます。
スイス鉄道の公式サプライヤーに選ばれるなど、高い信頼性と品質を誇るスイス時計の評判も共に築き上げていったのです。

その後、創業者の孫であるポール−ルイ・ショパールが2代目、3代目にはポール−アンドレ・ショパールが経営を引き継いでいきました。
しかし、1960年代に入り会社の経営が困難になり始め、ポール−アンドレ・ショパールの息子たちも会社を受け継ぐ意志がないことから、会社を売却することを考え始めます。
そんな中ポール−アンドレ・ショパールは、ドイツで時計や宝飾品を扱う会社を代々運営し、時計職人でもあるカール・ショイフレ3世と運命的な出会いを果たすのです。

ちょうどその頃スイス時計専用ムーブメントのサプライヤーを探していたカール・ショイフレ3世は、会社の売却を検討していたポール−アンドレ・ショパールとすぐに意気投合。
2人は契約を交わし、スイス時計とジュエリーの2つの軸を持った新ショパールが誕生しました。

その後、カール・ショイフレ3世の経営のノウハウや時計職人としての情熱でショパールを立て直すことに成功。

1976年に誕生した「ハッピーダイヤモンド」では大ヒットを果たし、時計界に革新をもたらしたショパールはブランドとしての地位を確立していきました。

今では、独創的なデザインと代々受け継いできた圧倒的な技術力で、大胆かつ創造力に長けた自分らしさを開花できる腕時計を生み出しています。

 

 

ブランド紹介_ウォッチブランド「ショパール」|ショパールの強み

alpineeagleの画像

ショパールが作り出すアイテムの強みは、宝飾品ブランドでも稀有な家族経営を貫いているところにあります。

宝飾品ブランドとしてのクラフツマンシップはもちろん、独立精神を大切にしているショパールの意志を、家族経営という形でも長きに渡り受け継いできているのです。

また、業界最高レベルの垂直統合で行われているのもショパールの強み。

腕時計に関して、外装から心臓部のムーブメントの製造までのすべてを同社で完結させることは、ブランドの技術や品質を証明するものでもあります。

このような他のメーカーには頼らない垂直統合だからこそ、革新的な腕時計を自由に、そしてショパールが追求するものを100%で体現できるのです。

家族経営の方針と通ずる、メゾンの独立精神。これこそが、ショパール最大の強みと言えます。

 

 

ブランド紹介_ウォッチブランド「ショパール」|主力シリーズ

これまでの歴史や軌跡を辿ってきたところで、同社の主力シリーズ「アルパインイーグル」「ミッレミリア」「L.U.C」の3つについてご紹介していきます。

どのような方におすすめのシリーズかもまとめていますので、ショパールの腕時計が気になっている方はぜひご一読ください。

「アルパインイーグル」

アルパインイーグルの画像

壮大なアルプスと、その大自然に生息するワシ(イーグル)からインスピレーションを受けた「アルパインイーグル」シリーズ。

ワシの目の虹彩をイメージした文字盤のサンバースト装飾や、羽を想起させるセコンド針など、自然から受けるインスピレーションを美しく腕時計に宿しました。

デザインの特徴は、文字盤を包み込むような存在感のあるベゼル。 そこには、ネジやダイヤの装飾でさらに印象付けています。

ブレスレットの真ん中にあるテーパーも本シリーズの特徴。
これはワシの生息域であるアルプスの山をイメージしたもので、ブレスレットの立体感が際立ち、太いベゼルと共に抜群の存在感を放ちます。

美しく魅力的な世界観を時計に閉じ込めるショパールならではの、誇らしくなるようなデザインのラグジュアリースポーツウォッチ。
大自然と調和した現代的なタイムピースを楽しめるのが何よりの魅力です。


<アルパインイーグルはこんな人におすすめ>
・ゴツい装飾は好まないが、存在感のある腕時計が欲しい
・メンズウォッチでもベゼルに何か装飾や個性があると嬉しい
・自然や山などが好き


「ミッレミリア」

ミッレミリアの画像

クラシックカーを想起させるデザインで、車好きの心を掴む「ミッレミリア」シリーズ。 ミッレミリアとは“世界で最も美しいレース”と謳われるほど有名なイタリアの伝統的なカーレースを指します。

1988年からミッレミリアレースのオフィシャルパートナー兼タイムキーパーを務めるなど、ショパールはミッレミリアと深い繋がりを持っているのです。

毎年新たなミッレミリアモデルを発表し、レースとクラシックカーへの敬愛を込めてシリーズを展開しています。

当時のクラシックカーの名車を彷彿とさせるヴィンテージ感溢れるデザインや色使いが魅力で、車好きはもちろんスポーツウォッチが好きな方にも人気です。

タイヤのトレッドパターンを施したラバーブレスレットモデルもあり、クラシックカーを腕時計の世界に落とし込んだ、ここにしかないラグジュアリースポーツウォッチです。


<ミッレミリアはこんな人におすすめ>
・ヴィンテージなデザインが好き
・クラシックカーに興味がある
・実用的な多機能時計のメカニカルな見た目が好き


「L.U.C」

L.U.Cの画像

ショパールの創業者ルイ−ユリス・ショパール(Louis-Ulysse Chopard )の頭文字を取った「L.U.C」シリーズ。

“超高級機”の制作を試みたことから始まり、デザイン、品質ともにブランドを代表する最高峰の仕上がりで、創業者の名前をシリーズ名にしているのも納得の逸品です。

シリーズ全体としては、シンプルながらもショパールらしい独創性が強く感じられる印象。

時計の世界に入りこむような感覚に陥り、当時の時代にタイムスリップしたかのようなレトロなデザインもまた魅力です。

身に付けていたら高確率で「それどこの時計?」と聞かれるような、あまり見かけないような雰囲気のフェイスで、独自の個性を開花できるのではないでしょうか。

今も変わらない、創業者ルイ−ユリス・ショパールの気持ちをダイレクトに感じられる、そんな揺るぎない情熱とスイス時計への敬意を感じられるシリーズです。


<L.U.Cはこんな人におすすめ>
・上品であり、なおかつ個性のある腕時計が欲しい
・人と被らないような腕時計が好き
・とにかくいろいろなデザインから選びたい
・レトロでクラシカルな雰囲気の腕時計が好き

 

 

ブランド紹介_ウォッチブランド「ショパール」|まとめ

168571-30001を腕につけている様子

個性豊かで芸術的な腕時計や、クラシックカーを想起させるラグジュアリースポーツウォッチなど、ショパールの腕時計は自分らしさを表現でき、そして喜びに満ち溢れるような腕時計ばかり。

今回、ショパールについて知っていただいたことで、これまで気になっていたモデルも、さらに魅力的に感じられるのではないでしょうか。

老舗ブランドならではの奥深いアイデンティティやスピリットも楽しんでいただければと思います。

レディース、メンズどちらとも秀でた素晴らしい時計が揃うショパールから、お気に入りの一本を手にしてみてください。

企業紹介