タイトルザ・シチズン紺碧の文字盤を俯瞰した画像

【2022夏新作】ザ・シチズンの季節に合わせた
海を連想する青和紙モデル『 AQ4100-14L』をご紹介!

ザ・シチズンの新作は、伝統工芸とシチズンの最高峰の技術の掛け合わせによって作られ、毎年非常に注目を浴びています。
2022年の新作の発表を待ち遠しく思っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ザ・シチズンの2022年夏の最新モデル、「紺碧ーKOMPEKIーAQ4100-14L」について解説します。
世界で限定250本しか販売されない、貴重な限定モデルです。少しでも気になっている方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。


 

 

【2022夏新作】
青和紙文字盤・年差±5秒の紺碧ーKOMPEKIー AQ4100-14L

ザ・シチズン紺碧の文字盤を拡大してみた様子

2022年の夏に、青い土佐和紙を使用した文字盤が特徴の「紺碧ーKOMPEKIー」が発売されることが発表されました。
「紺碧ーKOMPEKIー」は伝統工芸とシチズンの最先端技術を兼ね備えた、「Iconic Nature Collection」の中の1つです。
このシリーズでは、四季に合わせて合計4色の腕時計が発表され、世界で限定250本しか販売されない限定モデル。
その中でも、「紺碧ーKOMPEKIー」は夏に発売される青和紙の文字盤が特徴の一本です。

「紺碧ーKOMPEKIー」は文字盤が、青い土佐和紙と上板を重ねた設計になっており、光の当たり方によって見え方が変わります。
空や海を連想させる濃青に、色の薄い箇所に雲が連想されます。
また、エコ・ドライブを採用しているため、頻繁に電池を変える必要がありません。年差±5秒と正確な時間を刻みます。

 

 

ザ・シチズン「紺碧ーKOMPEKIー」 AQ4100-14Lのスペック

ザ・シチズン紺碧のりゅうずを拡大してみた様子

「紺碧ーKOMPEKIー」( AQ4100-14L)のスペックは下記の通りです。

  • 価格:385,000円(税込)
  • 動力:光発電エコ・ドライブ
  • 制度:±5秒/年
  • 持続時間:光発電1.5年(パワーセーブ作動時)
  • 重量:54g
  • 厚み:12.2mm
  • ケースサイズ:横38.3mm
  • ケース素材:スーパーチタニウム
  • ケース表面処理:デュラテクトプラチナ(ライトシルバー色)
  • バンド素材・タイプ:ワニ革、三ツ折れプッシュタイプ
  • バンド幅:19.0mm
  • バンド調整可能サイズ:150〜196mm
  • ガラス:デュアル球面サファイアガラス(クラリティ・コーティング)
  • 防水性能:10気圧防水
  • 耐磁性能:耐磁1種

【筆者の一言】
文字盤の青色とスーパーチタニウムの輝きが、爽やかな印象を抱かせる一本になっています。
夏の強い日差しを受けることで、ケースは輝き、文字盤は空を連想させる鮮やかな青になるでしょう。
爽やかさと存在感を兼ね備えている、この「紺碧ーKOMPEKIー」は、かけがえのない一本になること間違いなし。
さらに、年差±5秒の正確性が、あなたの生活や仕事を支えてくれるでしょう。

 

 

ザシチズン『紺碧ーKOMPEKIー』 AQ4100-14Lの魅力

ザ・シチズン紺碧のケースを側面から見た様子

ここまで、「紺碧ーKOMPEKIー」の概要やスペックについて解説しました。
前述したように、「紺碧ーKOMPEKIー」は伝統芸能とシチズンの最新技術を融合させた、至高の1本です。
非常に多くの魅力があるのですが、ここからは「紺碧ーKOMPEKIー」の特筆すべき魅力を3つご紹介します。

『紺碧ーKOMPEKIー』 AQ4100-14Lの魅力(1)
「土佐典具帖紙」を用いた青和紙でできた美しい文字盤

ザ・シチズン紺碧のバンドを側面から見た様子

「紺碧ーKOMPEKIー」の文字盤は、青和紙と上板の二重構造で作られています。
和紙に直接印刷するのではなく、上板を用いることで、繊細なグラデーションのトーン変化を実現しています。
また、使用している和紙は伝統工芸品であり、土佐和紙の中でも非常に薄く、独特の風合いを持つ「土佐典具帖紙」。
独特のテクスチャーと細やかな陰影が、夏の青空や海を連想させます。
紙だからできる美しいグラデーションと、角度によって変わる見え方は、伝統工芸とシチズンの技術の粋とも言えます。

『紺碧ーKOMPEKIー』 AQ4100-14Lの魅力(2)
エコ・ドライブによる正確な動き

ザ・シチズン紺碧のバックルを拡大した様子

「紺碧ーKOMPEKIー」を含む「Iconic Nature Collection」は、エコ・ドライブを採用しています。
そのため、頻繁な電池交換は不要。
電池交換の手間がない一方で、年差±5秒であり、正確に時を刻み続けます。
一度充電を行ってしまえば、最大半年以上暗闇でも稼働するため、日常生活の中で、時計の充電が急に切れる心配もありません。
さらに、「紺碧ーKOMPEKIー」の文字盤は和紙であり光を通すため、従来以上の効率で充電を行えるでしょう。

ザシチズン「Iconic Nature Collection」は四季に合わせたシリーズの発表を行っている

「Iconic Nature Collection」は、日本庭園に用いられている「借景窓」がモチーフとなっています。「借景窓」とは、季節に応じて異なる情景を見られるように、設置された窓のことです。
そのため、四季に合わせて4種類の色の腕時計が用意されており、「紺碧ーKOMPEKIー」は夏を表す腕時計です。

もちろんすべて、シチズンの最新技術と土佐和紙の伝統工芸を兼ね備えた至高の1本。
それぞれの季節を表す色を、忠実に和紙のグラデーションで再現し、文字盤にあつらえています。
どの一本も季節に合わせ、こだわり抜かれて作られた1本です。
一度見ると、目に焼き付いて離れないことは間違いないでしょう。

 

 

【2022夏注目ザシチズン新作】夏の爽やかさを演出する
青和紙文字盤の紺碧ーKOMPEKIーAQ4100-14Lに注目!

ザ・シチズン紺碧の文字盤を俯瞰した様子

本記事では、ザ・シチズンの2022年夏の注目新作、「紺碧ーKOMPEKIー」について解説しました。
「紺碧ーKOMPEKIー」は、夏の爽やかさを演出する青和紙の文字盤が特徴的。紙の風合いを生かし、鮮やかなグラデーションで夏空や海を表現しています。
一度見ると記憶に残る1本になること間違いありません。

鮮やかさと落ち着きの両立を実現した「紺碧ーKOMPEKIー」。ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

企業紹介