飛行家のために作られた世界初のメンズウォッチ「カルティエ サントス」

飛行家のために作られた世界初のメンズウォッチ
「カルティエ サントス」

世界で初めて男性のために作られた腕時計。それがカルティエ サントスです。

誕生から100年を経ても変わらぬデザインは、同ブランドのウォッチメイキングの象徴ともいわれてきました。

さて、どうして時計作りの本場と言われるスイスのブランドではなく、フランスの宝飾店であるカルティエが現代の男性用腕時計の基盤をつくったのかご存知でしょうか。実はそこにはとある飛行家が深く関わっていました。

今回はカルティエの伝統を歴史とともに刻んできた「サントスウォッチ」についてご紹介していきます。

 

 

パリの社交界から王室まで、世界を魅了した宝飾ブランド

カルティエは、1847年にルイ・フランソワ・カルティエがフランス パリに工房を開いたとことからはじまります。

その独自の美意識が生かされた宝飾品はパリの社交界を中心にたちまち人気を集め、3代目ルイ・カルティエが受け継いでからは多くの国の王室御用達を受けるに至りました。

もちろん、その美意識に魅了されたのは女性だけではありません。シガレットケースやライターといった紳士のための日用雑貨も幅広く展開し、社会的地位の高い男性をも顧客にしてきたのです。

そんな世界的宝飾店が世界初の男性用腕時計を制作したのは1904年のこと。3代目ルイ・カルティエの友人であるアルベルト・サントス・デュモンの相談がきっかけでした。

 

 

空を飛ぶための相棒が、世界初の腕時計になった

空を飛ぶための相棒が、世界初の腕時計になった

3代目カルティエの友人サントス・デュモンは、ブラジルの富豪であり、飛行家としても名を馳せた人物でした。そんなサントスからの相談は「操縦中に手を放さずに時間を確認したい」という、飛行家らしいものだったのです。

というのも当時の男性用時計は懐中時計が主流で、現代のように腕に時計を巻きつけるのはファッション嗜好が強く、女性がするという認識がほとんどでした。

しかし、当時の飛行機の操縦は両手での操作が不可欠だったため、片手を離し懐中時計で時間を見るという動作が、いかに飛行家にとって致命的だったかは想像に難くありません。

そんなサントス・デュモンの要望を踏まえカルティエが生み出したのが、世界初の男性用腕時計であり、現代のサントスシリーズの原型である「サントス」なのです。

ジュエリーアイテムではなく、「時間を確認すること」に長けたデザインと機能。飛行という過酷な運動に耐えうる耐久性。そこには確かに今の時計に通ずる”ルール”が込められていました。

進化した伝統「サントス・ドゥ・カルティエ」

さて、こうして生まれた男性用腕時計「サントス」は、世界中で多くの紳士の支持を得ることとなります。飛行機のネジからインスパイアされたベゼルの8つのビス。角を丸くしたスクエアに直線的でシンプルなプロポーション。誕生から100年を過ぎた今でも引き継がれるそのデザインコードは、当時の男性たちの心を掴んで離さなかったのです。

ここからは、そんな不朽の美しさを放つサントスウォッチのラインナップをご紹介いたします。

 

 

軽やかなモダンデザイン「サントス・デュモン」

軽やかなモダンデザイン「サントス・デュモン」

飛行家の名前をもじり、初代サントスのエレガンスなデザインを忠実に再現したクラシカルなモデルです。

腕にフィットするきわめて薄いケースと、スリムなべセルにラグ。ドレッシーでありながらモダンなデザインは、フォーマルな場面はもちろん、プライベートでも心強い存在です。バリエーションにはステンレス製スティールとピンクゴールドがラインナップ。

メカニカルだけでなくクォーツモデルもリリースされており、幅広い価格帯も魅力のひとつです。

 

 

進化した伝統「サントス・ドゥ・カルティエ」

進化した伝統「サントス・ドゥ・カルティエ」

サントスの不朽のデザインコードを継承しつつも、ラグの間にまで傾斜したベゼルによる一体感でモダニズムを意識したサントスウォッチです。

カルティエの独自技術である「クイックスイッチ」と「スマートリンク」によって手軽にベルトの交換やサイズ変更が可能となり、より取り回しの効く時計となりました。素材はステンレススティール、コンビ、ゴールドが展開されており、表面加工(ADLC)が施されたキズに強いモデルもリリースされています。

 

 

女性のための「サントス・ドゥモワゼル」

男性用の印象の強いサントスシリーズから女性用としてリリースされたのが、サントス・ドゥモワゼルです。

その由来はサントスが最後に乗った飛行機の名前「ドゥモワゼル」。レディースウォッチらしくベゼルに貴石をふんだんに用いたモデルや、ミニケースモデルがリリースされており、ビスモチーフを廃止したエレガントでかわいらしいデザインは、スポーティーなサントスとは真逆の印象があります。

2017年にパンテールの新作と入れ替わるように生産終了となってしまいました。

進化した伝統「サントス・ドゥ・カルティエ」

 

 

永遠の定番、クラシックスタイルをその腕に

永遠の定番、クラシックスタイルをその腕に

最新技術と伝統を掛け合わせ、胡坐をかかない一流メゾンのプライドを感じ取っていただけたでしょうか。常に発展を続ける姿は、現代社会を生き抜くビジネスマンの頼れる相棒となるはず。成長をしていく男の腕に、カルティエサントスをお迎えしてみてもいいのかもしれません。メンズウォッチの元祖は誰がつけても様になる美しさを秘めているのですから。

オススメ記事を見る

企業紹介